4月21日、『新しい「源氏物語」の教科書』発売☆



4月21日、イースト・プレスから、新著『新しい「源氏物語」の教科書』発売決定です。



ずいぶんと長らくお待たせしてスイマセンです。



「まえがき」より



作者が理解している限り、最大の魅力である「ヒロインの読解」は、ほぼ進んでいません。たいていの『源氏』入門書を読んでも、なぜこの小説が面白いかはピンと来ないでしょう。それは恋愛という重要な側面が軽視されているか、あるいはその解釈が賞味期限切れだからです。








『源氏物語』最大の魅力はヒロインの「現代性」。そして迫真の「恋愛描写」です。



・・・歴史を通じて、ほぼクローズアップされてこなかったヒロインたちの恋する姿を、

現代の感覚で読み解く本になりました。

まさに目からウロコ式の「新しい」源氏の姿を御覧に入れられるかと。



ヒロインたちってほとんどが10代~20代なんですよね。源氏も盛んにラブハンティングしてたころは

そういう年齢。



そういう場合、32、33歳(つまり今の僕の年齢)ともなれば、孫も出来てるだろうし、自分の人生を振り返るべき地点となります。・・・だから僕が「源氏」の本を書いたところで、決して早すぎるわけではないのです。






なのに「源氏」をこれまで解釈してきたのは・・・・・・。











  この本は『源氏』本来の魅力を、こうした過去のしがらみから解放するために書かれました。『源氏物語』は、若い男女の恋愛心理が理解できないおじさん研究 者や、カルチャー教室の有閑マダムのためだけに存在するのではありません。若き乙女たちの手によって『源氏物語』の固い扉が、再び押し開かれることを心か ら願っています。




















漫画は藤野美奈子さんです!



めっちゃ面白いです。



早く表紙の写真だけでも、みなさんにご紹介したい・・・



なお、



○ イースト・プレス







× イーストプレス



ではありません。

↑今日まで間違って書いてた人





by horiehiroki | 2010-03-25 02:19 | お知らせ | Comments(0)