歴史に恋する乙女たち(ナマ・イキVOICE、9月11日)

「乙女の日本史 文学編」(実業之日本社)はじめ

丁寧にいろいろな著書宣伝してくださってます。



↓に感謝こめてURL張っておきまーす! 



9/11(土)歴史に恋する乙女たち




bunngaku.jpg 拡大画像はこちらをクリック



番組紹介によると



>草食系男子が はびこる現代。
>一体どこにいるんだろう。“俺についてこい!”って人。







・・・しかし、実は平安時代くらいから

草食男子って(『源氏物語』の「宇治十帖」とか)いますし、

肉食/草食の抗争の実態wについては

今回の乙女の日本史 文学編 にも時代をまたいで取り上げました。



たとえば鎌倉時代初期の評論「無名草子」は、

日本初の「女性目線のブンガクトーク集」みたいなもん

なんですが、そのなかで大人気なのがバリバリ草食男子の薫の君。

真面目さで売ってて、でもイザとなるとズルいところまで、まんま草食ッス。



でも、そういうのに引かれてしまう・・・

いまの文科系女がオダギリ・ジョーとか、加瀬亮が好きなのと

似てます・・・。



無常の世だと、逆に、手頃で堅実で、マメな男をもとめる傾向が強くなるのかな。



でも

「薫さんって、消極的で魅力を感じない・・・」っていう女子の発言もあるんですが、

薫ファンが即座に

「そんなの女の浮気がましい心がいけないの!!」

って切替えしたり。

熱烈なファンがいたのです。



余談ですが、加瀬亮、映画のプロモのインタビューでききましたけど、素顔はどSみたい。走るの超速いし。



ま、でも草食さんはねー、日本男子の根深い問題であることは

事実ですよー。





ボクとしては、幕末~昭和くらいまでの男がギラギラしてた時代のほうが

日本史の中では異例なのかも、ね、とも思いますが。



つづきは「乙女の日本史 文学編」で。

ナマ・イキVOICEでプレゼントあたったかた、

発送は若干おくれますけど

「あたらしい「源氏物語」の教科書」ともども、

「乙女の日本史 文学編」ぜひぜひお楽しみください。



 

by horiehiroki | 2010-09-14 00:06 | お知らせ | Comments(0)