乙女の日本史 文学編 まえがき&目次おひろめ







 
 
「はじめに」。←の画像クリックで拡大。









左から、目次1、目次2、目次3です。←の画像クリックで拡大。






 <もくじ>
 

はじめに  

第一章 上代文学 

日本人は昔から擬人化好き――『万葉集』

アマテラスは男か女か?――『古事記』『日本書紀』

日本神話に近親愛が多いのはなぜ?――『古事記』 

いったい何を学べばいいのか? アブない神仏の世界――『日本霊異記』 

肉食系女流歌人・坂上郎女――『万葉集』

週刊歴女 

特別読みきり1 古代のほうが現代的? キャリアウーマンことはじめ 

 

第二章 平安文学 

男を拒絶するヒロインの誕生――『竹取物語』 

「嫌がるお姫様」に萌える、困った読者たち――『落窪物語』 

恋愛上手な未亡人・紫式部――『紫式部日記』

肉食ガール桐壺、変態の森ガール源典侍――『源氏物語』

おじさんの「男性自身」礼賛ポイント――『本朝文粋』

元祖・おひとりさまが嫌った「えせさいわい」――『枕草子』

『源氏』に入れ込んだオタク少女の嘆き――『更級日記』

個性を貫いたヒロインたち――『虫愛づる姫君』『とりかへばや物語』

シュールすぎる「ほんとうにあった○○な話」――『今昔物語集』

週刊歴女 

特別読みきり2 平安時代の百合の花園 

 

第三章 中世文学 

アツくてイイ女が「貞女」だった時代――『吾妻鏡』

乙女目線の文学批評の誕生――『無名草子』

妻は夫の財産のひとつにすぎない?――『沙石集』 

余情の美・藤原定家の人生をかけた恋歌――『新古今和歌集』

式子内親王は誰に恋していた?――『小倉百人一首』

セレブを夢みた尼さん・阿仏尼――『うたたね』

本当は子どもが読めない昔話――『御伽草子』 

困った「おじさん史観」の誕生――戦国時代の『源氏物語』 

たくましい女と武将メイク――『おあん物語』

週刊歴女 

特別読みきり3 「性」は「生」? エログロ後白河プロデュースの世界

特別読みきり4 義経はセックスシンボル? 二次創作ポルノの歴史

 

第四章 近世文学 

こんな女は捨てられて当然!?――『女大学』

好きな人が男色家でもあきらめない女――『好色五人女』 

じつはサラリーマン・マニュアル――『葉隠』

俺、一度もムラムラしたことないよ!――『修行録』

お上に抵抗し続けた浮世絵師・歌麿――『絵本太閤記』

男の娘が2人も大活躍☆ ――『南総里見八犬伝』

元恋人のおっさん同士がお伊勢参り――『東海道中膝栗毛』

「ふつうの奥様たち」の窮屈な暮らし――『武家の女性』

歌に見る、幕末男子のオレ様愛――『三千世界の烏を殺し』 

週刊歴女 

特別読みきり5 堀江宏樹の歌舞伎入門 

 

第五章 近現代文学 

明治男が描いた、ホモソーシャルな濃い絆――『こころ』

漱石と子規の友情――『柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺』

じつは近代的草食男子・森鴎外――『ヰタ・セクスアリス』

芥川があこがれた貞操ドリーム――『藪の中』

斎藤茂吉の悶絶ラブレター――『なぜこんなにいい女体なのですか』

素顔は腹黒!? 清純派・樋口一葉――『たけくらべ』

ゆるふわガール・岡本かの子の冷徹な本音――『老妓抄』

賢治の奇妙な恋愛――『小岩井農場』

太宰治の乙女な魅力――『女生徒』

美少女搭載おじさんモビルスーツ・谷崎――『痴人の愛』

川端康成「美しい日本の」少女たち――『朝雲』

週刊歴女 

特別読みきり6 少女小説と「エス」の世界 

特別読みきり7 ヒロイン像・ヒーロー像にみる近現代の男女観

 

主な参考文献 

著者紹介 

 

 

by horiehiroki | 2010-09-18 03:37 | お知らせ | Comments(0)