源氏のゲラチェック



しつこい暑さがこのままつづいて、肌寒くなるんじゃないでしょうか、

今年は。

最近、環境破壊などによって「温暖化」ということがよく語られますが、

地球自体は「冷温化」していくともいわれます。

ポイントは太陽の活動です。

平安時代「も」相当暖かかったらしいですね(温暖期)

貴族の邸宅(寝殿造り)が夏向きである理由もわかります。

一方、戦国・江戸時代になると、地球が寒い時期(冷温期)になりまして、

飢饉などが頻発しています。

※このころの公家さんの住宅は寝殿造りとはほど遠いですね。美意識の変化と共に、気温の変化も大きかったのかも。

気温に関して言うと、正式な統計は幕末ごろから取り始められたにすぎないんですが、当時はかなり涼しい。
19世紀はじめはもっと涼しい…いや寒くてですね、1822年の冬、品川では2メートルの積雪を記録したとか。
思えば同じ頃、ヨーロッパでも薄い夜会服のご婦人方が肺炎で多数死亡していますね。

さて


ゲラチェック中です。

e0253932_716577.jpg



9月26日発売の「一個人」、 2012年11月号は
源氏物語入門と題して、源氏の総力特集です。

並み居る先輩がたの中で、ぼくが担当したのは

「源氏物語」の女君たち その恋愛パターンを読む という記事。

なんと16ページにも及ぶ、この雑誌でもめずらしい規模の大特集…。

ホントはカラーですが、ぼくのプリンタの都合で白黒になってるだけ。

是非お読みください。
by horiehiroki | 2012-09-10 07:15 | お知らせ | Comments(0)