牛乳はタブー視された飲み物!? 江戸時代の知られざる食文化の歴史

マイナビウーマンコラム連載

牛乳はタブー視された飲み物!? 江戸時代の知られざる食文化の歴史

が公開されました!
平安時代の日本では便秘解消とか肌がキレイになるという触れ込みで美容薬扱いだった牛乳。

筆者は小学生時代、奈良の石舞台の近くで、日本の原始チーズの触れ込みで「蘇」を生まれてはじめて食べました。

e0253932_436866.jpg


写真はこちらのサイトの製品でございます。



それ以来食べてないから記憶が曖昧だけど、プレーンチーズみたいな味だったような。原料が牛乳で、それを煮詰めて作るとのことでした。

ちなみにクックパッドに蘇の作り方が掲載されている・・・


それがいつしか「タブー」になる過程とは?! 日本で最初に珈琲ないし紅茶を飲んだ人物についても触れてまする。 マイナビコラム:牛乳はタブー!? 

何が美味しいと感じるかは本能ではないのですね。
日本人の味覚、感性の変遷をちょろっと探ります~。

by horiehiroki | 2014-08-15 19:00 | お知らせ | Comments(0)