乙女の日本史 ヒットの裏側 (10月3日・第四回公開)


乙女の日本史 ”ヒットの裏側”というような内容の短期連載が9月3日からスタートされました!  全7回です。

乙女の日本史を例にとって、歴史コンテンツビジネスについて。世間では非常に珍しい「作家」というお仕事について。わたしと歴史について。そして出版という世界について、などなどを語っていく予定です。

e0253932_7574199.jpg




第一回


期集中連載・乙女の日本史 ”ヒットの裏側”の第1回が公開されました! 


今回は「語り方=文体」と内容選びの大切さをお伝えしました。うまい「語り方」とは、「情報を上手に伝える方法」のことです。続きはウェブでw 


第二回

「恋は、人なり」は、乙女の日本史の一大テーマでした。乙女本以前は、あまり日本史コンテンツで重視されてなかったようですが。さらにマニアックな知識も、見せ方=編集次第でエンタメに! というような内容が今回の眼目。くわしくはこちらから!


そして伊國屋書店新宿本店さんから大変お世話になっておりまして、作品の価値を作るのは作家と出版社だけでなく、ほかならぬ書店なんですね、というようなことにも触れました。


第三回 

乙女の日本史の裏側を語るコラム、連載第3回目のテ-マは、 「萌え」は深追いしないほうがいい……です。
少なくとも商業ベースでの萌えの追求、歴史コンテンツにおけるそれって、ビミョーな気がするんですね。、


第四回 

作家の仕事は書くだけではない!営業力とご縁(運)も実力のうち!?


今回は乙女本っていうより、僕がキャリアをいかにスタートさせたか、みたいな話中心です。●●賞を取る以外に、作家になるにはどうしたらいいの?


by horiehiroki | 2014-10-04 10:00 | お知らせ | Comments(0)