「東京人」4月号 江戸吉原の特集

2016年3月3日発売の「東京人」4月号
特集「江戸吉原 闇が生み出す江戸の虹」の号に
寄稿させていただきました!


e0253932_4591217.jpg


ぼくが寄稿させていただいたのは
「三大遊郭 江戸吉原、京都島原、大阪新町」
「吉原遊郭あれこれ」の2本です。
20何ページだったか、とにかくどっさりな原稿の御依頼をいただき、
フルカラー! で掲載していただくという名誉をいただきました・・・。

それこそ「三大遊郭」(幻冬舎新書)の執筆時にも
参考文献にさせていただいた著作を多数発表なさってる
渡辺先生、
それからエッセイストの酒井先生の
町歩き対談企画にならび、
表紙にも載せていただきビックリぽんです
まことにありがたいことでございます…。

e0253932_534739.jpg



こちらの記事では、歌舞伎について、
映画の中の吉原遊女について、など新書ではあまりお話しなかったテーマについても
書かせていただきました。
千住の蔵をアトリエになさってるという
イラストレーター・なかだ先生のかきおろしもとてもいいかんじです。

e0253932_4593822.jpg


東京人はキャッチの付け方がかっこいいですよね
闇が生み出す江戸の虹とか情緒もあるし、クール。

届いてスグに読み始めてしまいましたが
個人的にオススメなのは板橋区加賀(その名の通り、加賀藩の上屋敷あと)についての
記事です。
現在は板橋駅のほど近いエリアで、巨大な道路なども走ってるため
かなり都会なイメージなんですが……加賀のあたりはなかなか高級でしっとりした住宅街です。

幕末のころ京都から嫁いでくる和宮の目に触れさせてはいけない!
と姿を隠されてしまった「縁切り榎木(通称)」など、板橋宿時代の名残を伝える史跡なんかも
道路沿いにありまして、自転車で行ったことがあったのを思い出しました。


その前に行くべきなところも個人的にはございます。
東京人編集部のご厚意で
中野区・哲学堂特集のMOOKをいただいております。
ここもエリアとしては都会なんですけど、園内に足を踏み入れると鎌倉みたいな風情です。
遠目には。
近付くと、まるで乱歩の小説にでてきそうな不思議なコンセプトで設計された建物群なのですが……
ここもウチから自転車圏です
が、機会にめぐまれず建物(重文)の中に入れたことはありません!


Commented by タラ at 2016-03-08 23:45 x
先生、こんにちわ。東京人4月号、面白そうです。買わなければ。

そうでした。板橋本町の縁切り榎木。あれは不思議なところですね。
今でも信仰の対象として強く生きているんですよね。絵馬とかあるので
いけないと思いつつ表返しになってるのでチラと見たら
誰某(実名)と誰某(実名)を別れさせてくださいとか、見なきゃよかった
時空が歪んでる気がいたしました。

板橋もそうですが、品川も江戸の果てだけに、交通量の多い道路沿いに
鈴ヶ森の刑場跡とかありまして、水族館に遊びに行ったついでに
ずいずいと見学したら、同行の仲間から真顔で面白いの?と詰問されました。
コンクリートで固められた都会の中に何気なくあるのが何ともです。

中野の哲学堂は、釈迦とカントとソクラテスが同列に祭られていたりするのが
すごい変で。予備知識なしに見たときは、きっとフランスの郵便配達夫の家
みたいなものだろうと思っておりました。
実は明治の最高レベルのインテリが成せる業と知った後も、変だという気は
なくなりません。だからこそ貴重なのだという気がいたします。
Commented by horiehiroki at 2016-03-10 01:21
>タラさん

芥川が隅田川をテムズ川になぞらえて散文つくってるのを全集の中で見たことがあり、西洋文化という異物をいかに消化するかというとき、あの手のまさかな並列法(カントとシャカとソクラテスと孔子とか)が有効だったんだな、と思ってたんですが。実際、江戸時代からすでにそういうコトを言い出した人がいるようで。
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000066539
哲学堂のムックには、川を挟んだエリアに並べてある、イクナートンと孔子だったかなんかの石像(それも20世紀になって外国人芸術家によってつくられた)についてもフィーチャーされていて、けっこう面白かったデス…。

とりあえず並べてみた、ってなかなか斬新ですね
Commented by horiehiroki at 2016-03-10 01:24
つづき

コレですね…出典はウィキですが。恐ろしい並列…

>ハンガリーの首都ブダペストにあるものと同じ「哲学の庭」が設置された。これは古代からの宗教・哲学・法を代表する人がそれぞれ同心円上に配置されており、釈迦やイエス・キリスト、古代エジプト王イクナートン、達磨、アッシジのフランチェスコ、聖徳太子、古代バビロニアの王ハンムラビ、東ローマ皇帝ユスティニアヌスなどの像が置かれている

by horiehiroki | 2016-03-03 10:10 | お知らせ | Comments(3)