東京ガスのトリプル割はやるべきかどうか

電力自由化。

「お得!」になるってニンジンを目の前にぶらさげられ、
企業都合の競争に、
消費者がまきこまれ、迷惑させられる。
その典型的なパターンですね・・・
いい加減にしていただきたい、と思いました。

当初の印象ですが・・・
ウェブ上には比較サービスなどがあり、
その中で、東京ガスはなかなかによさそうだとは感じていました。

フツーに東京ガスを電力会社として契約した場合、
ウチは4000円ほどですが、年間でおトクになりそうです。

さらに東京ガスはトリプル割なるサービスを打ち出しております。

e0253932_12381450.jpg


ところが、これ、イマイチぜんぜんわかんないんですよね。そういうサービスがあるよ、
というだけで。

e0253932_12385956.jpg


ウチはNTTのフレッツ&ASAHIネットなので、該当するじゃないですか。

でも気になるのが、

・フレッツを止めて、このサービスに切り替えた場合、NTTとの契約で変更になる点は出てくるのか?(単純に二年割とかそういう違約金だけでなく)
・メールアドレスなどは変更になるのか?

・・・・・といった問題でした。
そういうのに答える情報が見つからない。

仕方ないので、東京ガスのメールフォーム経由のオペレイターに聞いたところ、
「そういうことはウチではわかんないので、各社に聞いてくれ!」の一点張りでした。

まず凄いのは・・・

東京ガス「が」、各社と提携して、サービスやってるんですよね?
なのにどうして、東京ガス「が」わからないのか。情報をアウトラインだけでも提供できないのか、というあたりです。
さらにオペレイターの方は、各社の窓口を指し示すことすら思い付かないようです。。


この手の対応って、ハッキリいって、仕事中の時間帯にわざわざ時間取って電話で
したくないものですけど、最初から電話をかけたほうが早いという結論に達しました。

今回、NTTにもメールフォーム経由で
聞いてみると(ここも企業都合で、どんだけ窓口細分化して悦にいってんだろというわかりにくさ。もはや感動の領域)、「そんなことは東京ガスに聞いてくれ! ウチはわからない!」の一点張りのご回答をくださいました。

大手さんのメール対応って、ぜんぜん期待できないです。窓口が(存在すらしてないじゃないか!とクレームつけられないように設けて)あるだけ。どうせ満足いく回答えられる率のほうが圧倒的に低いので、最初から使わないことをオススメします。絶対的に時間のムダです。

しっかし、NTTはフレッツなんちゃらクラブとか@ビリングとか色々サービス細分化して
入り口作りすぎです。電話かけてもウェブサイトで分かります・・・とかなんとかいうけど、
結局、わかんないという。
NTTのことを愛し抜いてないとあのサイト使いこなすのムリですね。
会社都合なんでしょうけど。
フツーの利用者は「ウチはNTTでネットも電話もやってる」。
程度の認識しかないと思うんですが。
いったい誰がディレクションとってアレ作らせて悦にいってんだろう・・・。

結局ぜんぶがぜんぶIDもパスワードも向こう都合で決められて
さっぱりわからない。いい加減にしてほしい・・・

などなど苦悩しつつ、窓口をコレかな?とおもって(オペレイターが出てくるまでの
口上だけで5分くらいかかる&それもネットでも情報がえられますとか散々ぺらぺら自動音声がささやきやがる)NTTに電話かけて、聞いてみたところ、スタッフさんが有能かつ親切で拍子抜け。

「メールではわからない!!」ってハネつけてきやがった案件に明確な回答を得られました。

(そういう契約の人ばかりではないとおもうけど、多くのひとが安いってことでそういう風にしてるとおもうんですけど)

ウチのように

インターネットサービスと、固定電話(ひかり電話)、ひかりテレビなどをセット申し込みしてる場合、

インターネット自体を解約することはできるのだが、その際、ひかり電話、ひかりテレビなどは単品では契約できない仕組みになっている。

・03-・・・ではじまる電話番号が変更になる。
・ひかりテレビ(BSなどを見るためのサービス)などもヨソで契約しなおしになる

など大問題が浮上することが判明。


ちなみに、ASAHIネットだけがメールの問い合わせで、「トリプル割」についての対応がまともにできた会社でした。「トリプル割での乗り換えで、メアドだけは変化することはありません」と明確な回答をすぐにくれました。

しかし、・・・・テレビはともかく、メアドとか電話番号って私みたいな個人事業主にはあまり変更したくないモノですからねぇ。連絡だけでもたいへん。

ということで、まったく得づらい情報でしたが、

東京ガスのトリプル割は自分にはまったく不向きということがわかりました。
4月以降、引越を考えてる学生さん、若い世代の単身世帯とかにはいいかもですね。

しっかし、そういう世帯って、電気代なんて普段は数千円~5000円とか程度、クーラーとか使う時だけ1まん超える程度だから、ヘタしたら年間で数百円程度~1000円くらいやすくなるだけ、ということも考えられます。
そもそもこんだけめんどくさい思いをしてまで変える必要ってあるの?
って感じ。

けっきょく企業側の都合にまきこまれてめんどくさいことを強いられてるだけ、という印象です。


固定電話などは親族などにも配布している情報ですし、
数年単位でコロコロ変えるのは信用問題にもかかわるかな、と。

固定電話番号の変更連絡、メールの変更連絡、そういうことが苦にならない人、問題にならない人以外はやめておいたほうがよろしいでしょうね!

以上、現場の堀江がレポートいたしました。

結論:いいかげんにして

カカクコムなども色々と比較サービスを打ち出してますが、
どれもこれも不親切。

___________

追記

我が家は
エネオスでんきにしました。
2年縛りの契約にはあえてしませんでしたが、
切り替えて以降、何割も(!)電気代が安くなる月ばかりです。
東京電力にどういうプランで搾り取られてたのか、
よくわかりませんが。
今年の数字だけでも、苦労して移行させる価値はあった、と個人的には考えます。
詳しくはこちら

電力のつぎはガスなので、東京ガスさんには頑張っていただきたいものですね。
by horiehiroki | 2016-03-18 12:54 | 日々 | Comments(0)