お葬式と日本の死生観


日本人の死生観を「お葬式」から見ていきます…
スポンサーは雅倶楽部様です しめやかにコラム連載はじまりました






先週末の三連休は関東ではお盆でしたね
現状ではなかなか関西には行きにくいため、
お仏壇を通じて、
もしくは先祖にゆかりのある寺社にお参りしてみました

……とはいえ、もともとお盆といえば全国で7月15日だったのですが、
日本の多くの地域で8月15日にズラされていったのが
明治から昭和にかけて。
意外に新しい習慣みたいです。
とくに第二次世界大戦終戦後の8月15日が戦没者の慰霊と結び合い
お盆といえばだいたい8月ということになったそうな。
また地域でお盆をずらすことで、他地域に親族の住所がまたがっている場合
会いやすくなるということや、7月だと梅雨末期の大雨など天候災害が
予想されやすい時期なので農業が盛んな地域は8月のほうが良い…とか
いろんな理由があるそうな。

by horiehiroki | 2017-07-18 18:02 | お知らせ | Comments(0)