カテゴリ:園芸・家事( 71 )

キクの開花(2017-1)

キクにとって大事な時期に忙しく、世話があまり出来なかった今年ですが
開花が始まりました。

e0253932_11364297.jpg

▲ ダンテ(レッド)
e0253932_11364394.jpg

▲ カルロス・ティエラ
e0253932_11364367.jpg

▲ ジジ(イエロー)
e0253932_11364361.jpg

▲ ジジ(ピンクホワイト)
e0253932_11364152.jpg

▲グリーン・ティエラ

今年の気づき&お世話

・真夏はむしろ半日陰に置いておいたほうがいい(葉が焼ける)
・9月中旬には日当たりのよい場所に移動しないと、開花が遅れ、その後に影響する
・9月~10月の台風の後、気温が上がると害虫の類が増えるので、粛清は徹底的に(とくに要注意は食害してくるイモムシ系。最悪。オススメはハサミでミンチにすること)

・雨が多いと根腐れが危惧されたので4.5日以上の雨降りが続く場合は、軒下に全面的に移動。菊はそこそこ水を吸うように見えるかもしれませんが土が乾いてもいないのに習慣的に水をやっていると根腐れしてしまいます。

これはアドバイスですが、9-10月頃、お店に花付きのキクの苗が並びますよね。
色んな種類が安価に手に入るチャンスではあるのですが…
この手の花付きの株は実は体調を崩しているか、それ寸前のものが多いです。
まず、農家の超絶テクニックによって、本来ならこの株の大きさならダメだろうというようなくらいに花を付けたりさせている点で、株が実は弱っている。
お店(とくにホムセンなど)では、朝晩、ビャーってシャワーをかける用に水を撒かれており、根腐れ寸前に追い込まれている

以上の理由で、購入からしばらくは水をやらずに様子を見たほうが良いかもしれません。それでも花が萎れてしまう場合も。
蕾が全部咲ききらなくても枯れないだけマシだと思って、来年に命をつないでやることを優先してください。翌年、その菊の本来の良さでちゃんと咲いてくれます(そこまで厳密にお世話しなくても
by horiehiroki | 2017-11-15 11:38 | 園芸・家事 | Comments(0)

e0253932_07444904.jpg
「ダッチェス・オブ・エジンバラ」、秋にも開いてくれました。
こういう二度咲きの品種、いいですよね。
数も少ないし、夏前に咲いた二番花よりも小さいけれど嬉しいものです


by horiehiroki | 2017-10-28 07:51 | 園芸・家事 | Comments(0)

クレマチス

e0253932_02272486.jpg

満開になりました。他にも小さな花芽をつけた枝が
出てきてるので頑張って育ててみます。

by horiehiroki | 2017-09-29 02:28 | 園芸・家事 | Comments(0)

秋の花


e0253932_06213039.jpg
秋のクレマチスの開花が始まりました
レッドパールという品種です。

今年から育てはじめたのですが…
二季咲きのクレマチスは1年に真冬と真夏の合計2回、
死と再生を繰り返すイメージです。
葉っぱが真っ黒になって、ほぼ全枯れになって、もうダメかと
思っていたら、9月の訪れとともにエメラルドグリーンの新芽が出てきて
復活して花まで咲かせてしまうというハデな変化を見せるものが多いみたいですね…

うちには4種類ありますが、そのうちの3つが同じようなことでした。
園芸の本によると枯れた葉や枝は取り除くのが好ましいらしいですが
不吉なまでに真っ黒になってしまって枯れた姿を放置するのも悩ましく、
また、大変手間がかかります…。

e0253932_06211090.jpg
こぼれ種でしか発芽しなかった常陸の花火。
開花時期が8月後半~の秋の朝顔です。
偶然の再開によろこびもひとしお。

ほかの朝顔は、来週あたりにかけて最後の大開花時期到来というか、
来年の夏までお別れ。
フィナーレといったところになるでしょうか。
e0253932_06292562.jpg
e0253932_06292245.jpg




by horiehiroki | 2017-09-22 06:26 | 園芸・家事 | Comments(0)

朝顔の開花について

e0253932_19270378.jpg
e0253932_19265833.jpg
e0253932_19270130.jpg




夏は朝顔とトマト、そして秋からのキクのお世話がたくさんあります。

今年の朝顔は例年に比べると少し種類は少なめのつもり。
それでも10種類ちょっとあります。20何鉢はあるかな。
先年までは珍しい品種にもチャレンジしてましたが、ウチの環境に合って
気分良く、手間がかからず、しかもたくさん咲いてくれる品種を選ぶことにしました。

朝顔マニアではなく、朝顔をたのしみたいなー程度の自分みたいな
素人が楽しむポイントを4年ほど毎年栽培してきて見つけました。

5月中旬には種を植える(7月下旬には咲き始める)…ゴールデンウィークの翌週くらいから仕込むのが◎
開花時期が似ている「群」を考える ……
1種類につき二鉢は用意する。

朝顔にも植える時期が早ければ7月初旬から咲くものと、8月以降になるものと二種類があります。
ちょっと珍しい園芸品種は後者が多いんですが、フツーの園芸ファンなら、前者で揃えたほうが毎朝たのしめますね。
赤、紫、青、白のグラディエーションで色合い、模様は揃えるのがキレイです。

またキレイに朝顔が花開くためには水・肥料が足りているかどうかの他に、
蕾が開く前の夜、明るいところに置かないという絶対的な条件があるようです。
朝顔は肥料食いだと言われますが、あまり栄養分過多の園芸用培養土に植えるより、
1年なにかを植えた後の土のほうが逆に株や葉っぱが大きくなりすぎず、
開花成績が(ウチの場合)安定しているようです。植えた時期が遅すぎたのか
去年は贅沢させすぎたのか、気候が悪かったのかとにかく開花数が少なかったですね。
今年の朝顔は、ダイソーの固形肥料をパラパラ根本に撒いてるだけですw

ほかにも、花開く前日が高温すぎないのも大いに関係している気がします。

だいたいの目安として、33度以上になる場合は、ダメみたいですね…
だいたい芽吹いて2ヶ月くらいしたら満開になる株が多いんですが、その頃の時期、
暑すぎるとダメみたいです。
トクにコンクリなどの上に置いている場合、照り返しの熱で花弁が癒着してしまい、
自力ではうまく開かない…ようです。








by horiehiroki | 2017-08-04 19:44 | 園芸・家事 | Comments(0)

朝顔

e0253932_5224865.jpg

e0253932_522495.jpg


e0253932_5224792.jpg
e0253932_05254103.jpg

by horiehiroki | 2017-07-31 08:22 | 園芸・家事 | Comments(0)

レッドカサブランカ

e0253932_21452260.jpg


e0253932_21451988.jpg

赤いカサブランカって何?!
って思うかもしれません。
今の今まで自分も
カサブランカ=casa blanca =白い家
と思い込んでいました。でもカサブランカ(Casablanca)って町がホントにあるんですね。
モロッコ王国最大の都市だそうな。
つまり固有名詞…白くなくてもカサブランカはアリということ
になります……。
それはともかくレッドカサブランカが咲きました。
白のダブルカサブランカに比べるとソバカス付きで
ヤマユリっぽい外見ではあるけど
ちゃんとカサブランカ特有の香りがします





e0253932_21513478.jpg

こちらが白のダブルカサブランカ。

八重咲きのカサブランカなんてあるんですねー。
ことしは長い鉢に深く植えたので球根、ちゃんと育ってくれるかな……。
一日で一気に5つも咲きました。不思議。



by horiehiroki | 2017-07-07 21:48 | 園芸・家事 | Comments(0)

>>5月11日の写真を追加<<



4月25日

e0253932_07062011.jpg

4月26日 AM2

e0253932_07072059.jpg

同日 AM7

e0253932_07073283.jpg
同日 14時半

e0253932_07080224.jpg

4月29日

e0253932_07083760.jpg

4月30日

e0253932_07094333.jpg
e0253932_07094804.jpg
5月1日

e0253932_07101074.jpg
5月2日

e0253932_07102734.jpg

5月6日
e0253932_07105803.jpg
e0253932_07111903.jpg
e0253932_07113540.jpg
5月11日

e0253932_14551813.jpg
e0253932_14555062.jpg
e0253932_14561315.jpg



5月21日
やたらと蒸し暑かったせいでしょうか。
この後、昨年よりも早くはらはらと散ってしまいましたとさ。

e0253932_15463484.jpg

e0253932_15463484.jpg

by horiehiroki | 2017-05-11 15:50 | 園芸・家事 | Comments(0)

前に早稲田学報のツイートをしてから1ヶ月以上… 
ブログ完全放置でスイマセン。
次回作の「本当は恐い日本史(仮)」(三笠書房)の執筆、
さらに次々回作の準備……とかなりバタバタしておりました。


忙しい中で、なんとか時間を捻出してライフワーク(?)の都内・桜狩りにもいってきました。

e0253932_13291064.jpg

e0253932_13283557.jpg


e0253932_13294430.jpg

e0253932_13272405.jpg
同じ場所でも天候などによって印象が変わります。


また、ユカリノ というサイトから、ひらたくいえば紀行文のオファーをいただき、
大坂の陣ゆかりの地を訪ねに大阪まで旅行してきたりもしました。

4月中旬でしたが、東京より大阪のほうが桜がまだ残っていたので趣深い旅になりました、が
案の定、取材先を走り回るということになりました(w
紀行文は5月くらいからUPされていくと思います。写真はその時お楽しみください。
代わりに、といってはなんですが、ウチの花壇です。
すっかり春モードになってきました。
家事と仕事のあいまに時間をみつけて、だいたい1日30分くらいつかって模様替えをしていってます。
e0253932_13080302.jpg
オステオスペルマムが咲きました。大好きな花なので嬉しい!
簡単にいったら南アフリカのキクです。発色の美しさと花持ちの良さが魅力で販売者さんは丈夫!っていいますが、それは嘘。日本のキクよりもずっとデリケートです……。挿し芽、成功しやすい品種としにくい品種があります。


クレマチスも、3月くらいに蕾が確認できて、それがようやく開花中。満開になったときは藤色になるジョゼフィーヌという品種です


e0253932_13172364.jpg
たしか昨日の昼間の様子



e0253932_13182226.jpg
それが深夜にはこうなって…


e0253932_13184704.jpg
さっきみたらこうなってました。昨年、買った株を育てていたので、花がイチから開くのを見るのはこれが初めて。淡いグリーンの星形みたいなところからはじまるんですね。まんなかの饅頭みたいな形態の部分がダリアみたいに盛り上がる……予定。

e0253932_13153184.jpg
今年、縁があってウチにきたダッチェスオブエジンバラという品種のクレマチス

e0253932_13203750.jpg
バレリーナという品種のチューリップ。チューリップには珍しい、甘い香りがします。

e0253932_13213709.jpg
チューリップのアンジェリケ。今朝開きました。

e0253932_13220724.jpg
フリンジ咲きの品種のチューリップたち


e0253932_13230439.jpg
咲き始めたフリージア。昨日の様子。

e0253932_13235748.jpg
フリージア、先ほどの様子。3年ほど前から育てている紫と黄色が、もうこんなに増えました。

当初は不満がかなりあったようですが、
今では一番ウチの環境にあった育てやすい花の扱いです。
秋に球根を植える際、朝顔の支柱を使うのが一番のコツ。それだけ工夫すればあとはこのとおり。
ラクにキレイにたくさん花開いてくれますし、毎年、優良な球根がどんどん増えていきます。
自然のままで十分、サステイナブル(持続可能)なのでエコです。
違う色の球根が見つかれば直ぐに買うようにしており、今年はピンクと赤が仲間入りです。
それでも植え始めた当時はフリージアに不満で、スイセンに大満足していたのに、現在は逆。
スイセンが2種類をのぞいて咲かなくなってしまって残念です。









by horiehiroki | 2017-04-26 13:25 | 園芸・家事 | Comments(0)

e0253932_07002377.jpg
ピントがうまく合いませんでしたが…昨年の花後から
だんだん元気がなくなり、
夏前に枯れかけた啓翁桜。
植え替えを敢行したところ、
なんとか生き残り、
今年も花を付けています。
「天使がお前を見捨てなかったのね」って
桜の園のセリフを少し思い出したり

e0253932_07000270.jpg
今年最後(?)の品種(菊)の開花が始まりました。
冬菊と聞いてたけれど、もはや桃の節供目前です…
昨年、株で購入して挿し芽してどんどん増やせた「黒騎士」という品種。
挿し芽はつきやすくて増えやすく、しかも丈は大きくならない点で優秀でした。
病害虫にも強い。しかし…開花しないかな、と思ってたところ、
数日前から開き始めたという次第です。
一般的にツボミが開き始めた時がいちばん濃い色なので
このカラーだとエンジに近いですよね
黒騎士とはいえ、”黒菊”というのとは違うのかな??



by horiehiroki | 2017-02-28 15:58 | 園芸・家事 | Comments(0)