カテゴリ:お知らせ( 278 )

色々お知らせ

おはようございます。

今日も良い天気ですね



J-WAVEの放送は

14日(金)みたいですよ。



滝乃さんが前に出たってというから、

たぶんこのコーナー・・・かな。

(また今後詳細わかり次第、訂正します)



白昼堂々ってかんじですが

ちゃんと聞いてくださいね



あ、ウェブで同時放送やってるので日本全国で

聞けます!!




そして・・・



コミックフラッパー で

コラムの連載
が決定しました

「偉人の愛し方」みたいな内容かな。

毎号、見開き確保になりそうです。

マンガは滝乃さん。



by horiehiroki | 2010-05-09 06:58 | お知らせ | Comments(0)

トークショー決定!!

日にち:

6月13日(日)

場所:

紀伊國屋書店新宿本店 9階特設会場

で決定です。



現時点で時間は未定。

JR新宿東口からの行き道は↓の通りです。



map.jpg決定次第、こちらに書き込みますが、

30人程度の比較的小さな会場だそうですよ。


事前予約とかになるのかな??







by horiehiroki | 2010-05-08 06:40 | お知らせ | Comments(0)

収録終了&放送予定

ラジオの収録がおわりましたー

ビーフラのタカハシさんとの話はおもしろかった



収録中にトークが面白いってことで、6月は源氏物語について

集中講義してくださいってことになりました。



新潟のみなさん、ひきつづき

よろしくー



番組名: 「BEAT COASTER FRIDAY EDITION」(通称:ビーフラ)

放送時間: 毎週金曜 午後4:00~8:00 

ナビゲーター: タカハシ カナコさん

新潟県民エフエム放送株式会社FM PORT79.0 



番組内容: 4時間の生放送・サブカルチャー満載のリクエストプログラム。



そのビーフラ内






「ビーフラ的ラジオ講座」(午後7時~) 

5月中毎週出演させていただきます。

「乙女と日本史」をベースにした内容です。



放送日は以下の通り



5月7日  第一回 現代とリンクしてる点

5月14日 第二回 日本史上のモテ女

5月21日 第三回 命懸けの恋

5月28日 第四回 日本史上のモテ男



6月放送予定の源氏講座については、また詳細決まり次第、お伝えします!







by horiehiroki | 2010-05-01 00:05 | お知らせ | Comments(0)

トークショー続報

>トークショーも、新宿紀伊国屋、できそうです。

>日にちは6月になりそうですが。



って連絡がありました。



追記:6月中旬の日曜っぽい?

もうすぐ日時分かると思うんでまた書きます



金曜日は新潟ラジオの収録なんで、ちょい楽しみです





by horiehiroki | 2010-04-28 20:16 | お知らせ | Comments(0)

本日発売です!

あたらしい「源氏物語」の教科書。



発売されてる・・・と思うんで、ぜひ!

よろしくお願いいたします!!



原稿の大半は昨年12月くらいには終わってたんですが、

いろんな折衝に時間がかかった記憶が。

最近の出版業界はホントに一冊に時間もお金も

とにかく資本をかけられない風潮があるけど

それを考えたら、ぜいたくな本に仕上がったと

おもっとります!



・・・で、じぶんは今日は近所のカフェーで

滝乃さんと打ち合わせでした

オーガニックダージリンと

カボチャとサツマイモのタルト食べた。

美味なり

彼女と今度つくる文学本の打ち合わせですな。

今回もホントに色んなあたらしい気づきがあった。

忙しいっていっても、やっぱり人と直接に会って

話すことは大事だな・・・と再確認(それこそ龍馬くんの

発想じゃないけどねー・・・)



あと滝乃さんが(編集として)作った



黒いぜよ!龍馬ちゃん



って単行本も今日もらった。



表紙にも書いてある

「日本をせんたく」って、彼の言葉とされるフレーズ自体、

オリジナルは横井小楠(よこいしょうなん)って思想家のものなんだよねー

っていうとビックリされたけど(ww

横井さんはまだ一般的には知られてないかもしれないけど、龍馬が

勝海舟に紹介してもらった思想家。

熊本生まれの人なんだけど、彼に

「天下一統 人心 洗濯希うところ」なんてフレーズがござったり。

彼の口癖だったんだと。

最後は、ねがうところ、と読みます

しかし、これをパクリといいきるのは考えが浅くて、

龍馬のものすごい「吸収力」のあらわれとして見るのが

正しい気がする。

思想だけでは世の中かわらないから、それを血肉にした

人がいないといけなかったのは事実でしょうし。



現に我々だって「天は人の上に・・・」とか覚えてて、会話の中で

使うことも(超まれにでしょうが)あるだろうし。



龍馬は手紙見てると、飲みに友人を誘う時も生真面目な彼の

口癖を真似て書いてみたり、そういうところのある人だったし。



・・・みたいなことを僕はかんがえておるのです。



そうそう、「RYOMA」という主婦の友社から発売されてる

人気MOOKから取材のご希望がござった。

自分が参加するのは、龍馬くんフィギュアが入ってる号だそうです。

(フィギュア・・・? w )



しらべたら今、2号まで出てるから、次の号かな?



以下はそのRYOMAの責任編集をやっておられる

坂本龍馬さんのブログです。

http://blog.shufunotomo.co.jp/ryoma/







by horiehiroki | 2010-04-23 20:12 | お知らせ | Comments(0)

4月19日(月)、20日(火)、21日(水)、22日(木)の4日間、

J-WAVE『JAM The World』(81.3 FM )の中の

『佐川急便 CASEFILE』(21時25分~30分)のコーナーに

出演させていただきました。

お題は「坂本龍馬」



More
by horiehiroki | 2010-04-22 21:41 | お知らせ | Comments(0)



4月21日、イースト・プレスから、新著『新しい「源氏物語」の教科書』発売決定です。



ずいぶんと長らくお待たせしてスイマセンです。



「まえがき」より



作者が理解している限り、最大の魅力である「ヒロインの読解」は、ほぼ進んでいません。たいていの『源氏』入門書を読んでも、なぜこの小説が面白いかはピンと来ないでしょう。それは恋愛という重要な側面が軽視されているか、あるいはその解釈が賞味期限切れだからです。








『源氏物語』最大の魅力はヒロインの「現代性」。そして迫真の「恋愛描写」です。



・・・歴史を通じて、ほぼクローズアップされてこなかったヒロインたちの恋する姿を、

現代の感覚で読み解く本になりました。

まさに目からウロコ式の「新しい」源氏の姿を御覧に入れられるかと。



ヒロインたちってほとんどが10代~20代なんですよね。源氏も盛んにラブハンティングしてたころは

そういう年齢。



そういう場合、32、33歳(つまり今の僕の年齢)ともなれば、孫も出来てるだろうし、自分の人生を振り返るべき地点となります。・・・だから僕が「源氏」の本を書いたところで、決して早すぎるわけではないのです。






なのに「源氏」をこれまで解釈してきたのは・・・・・・。











  この本は『源氏』本来の魅力を、こうした過去のしがらみから解放するために書かれました。『源氏物語』は、若い男女の恋愛心理が理解できないおじさん研究 者や、カルチャー教室の有閑マダムのためだけに存在するのではありません。若き乙女たちの手によって『源氏物語』の固い扉が、再び押し開かれることを心か ら願っています。




















漫画は藤野美奈子さんです!



めっちゃ面白いです。



早く表紙の写真だけでも、みなさんにご紹介したい・・・



なお、



○ イースト・プレス







× イーストプレス



ではありません。

↑今日まで間違って書いてた人





by horiehiroki | 2010-03-25 02:19 | お知らせ | Comments(0)

ごめんなさい

テレビの件ですが。



いろいろと実態が見えてくるにつれ、

協力、いったんはお断りせざるをえませんでした・・・。



もし楽しみにしててくれる人いたらごめんなさい



番組内容についてや、自分の関与方法に

「?」がとても大きかったので・・・。



少々地味でも実直に。

ファンの人、何人いてくれてるのかもよくわかんないけど

その人たちと向かい合うことを、やっぱり大事にしたいと

思ったから。











by horiehiroki | 2010-02-22 02:10 | お知らせ | Comments(0)