<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
フンドシって、今やクラシックパンツって
いうらしいですね・・・
「ボリューミー(正しくはボリュミナス)」
と同じく和製英語だと思いますが(笑

今回は、そのクラシックパンツ(CP)映像の
登場までなんと15分くらいあったのが
画期的だったといえます。

まさに忠盛パパ(中井貴一)が
「帝の側近」こと殿上人となり、
御所の建物に入ることが許されるようになった
という格式に合わせた演出でしょうか
っていうか、その忠盛パパの昇進祝いに
CP祭りが忠盛邸の庭で開催されてた・・・
のですけども・・・・・

忠盛パパの昇進の影には、タマコさんとの
関係になやむ鳥羽上皇の懊悩の日々があり、そこに忠盛がつけ込んだんですね。
実は大金持ちの忠盛パパは、資産を生き金に変える才覚のある男でした。
三千院に似た、寺院を建造したのです。

そしてホトケに救いを求める(ワラをも掴みたい溺れる者の)鳥羽上皇の歓心を文字通り、「買った」のでございました

e0253932_5174815.jpg


鳥羽「(はわわわわぁ)」

まぁ、鳥羽さんの気持ちはよく分かる。
愛憎の日々に光を灯してくれるのは
ホトケの慈悲だけなんですよね。
神社の清浄さは愛憎の波のまっただ中に
いる者には時に残酷に感じられる。

瀬戸内先生の説話CDおくるんで
ぼくも殿上人にしてください

ーーーということで
CP大河清盛にふさわしく、
格式正しくレビューいってみましょう

More
by horiehiroki | 2012-01-31 03:15 | 大河ドラマ | Comments(2)

イーストプレスから、
まんがで読破シリーズの「1984」と
「女の一生」が送られてきました!

ジョージ・オーウェルの「1984」は
自分にとっては
ドス・パソスの「U.S.A」なんかと
現代文学の名作といわれてて
大学入試前からその存在を知ってるのに
読む勇気が出なかった作品(苦笑


ってそれはともかく。

村上春樹の「1Q84」って小説あったけど、
オーウェルの「1984」が元祖とか
元ネタとかそういうのなんだろうか。
今ごろ思い付くダメな作家ですが(笑

ぱらぱらとめくるに、
世界が3つの勢力に別れて争い合うという設定に
基づく、パラレルワールド系SFみたいですね。
なんとなくブレード・ランナーっぽい。

楽しみです。読むのが。

(後記)

一気によんでしまいましたが、
サイコホラー系SFですね
きもちわるい系です。
すくなくとも
村上春樹作品の元ネタではないですw

時計じかけのオレンジ

マトリックス、
さらにはブレードランナーなどの
サイバーパンクに引き継がれる
世界観の先駆けでしょうか。



そしてもう一冊の「女の一生」。
これはフランスの貴族出身作家
モーパッサンの皮肉さが発揮された
名作ですねー。

絵柄がじゃっかんレディコミっぽくて
なかなかよいさじ加減だと思いました(w
内容もマンガ化すると、
まんまレディコミですもんね。
薔薇の花がハラハラと散るタイプの
濡れ場が「ボヴァリー夫人」みたいには
出てこないけど。
ボヴァリー夫人なんか、
走らせてる馬車のなかでも恋人の男と
そういうことになって、手に持ってたハンケチを
開いた窓からハラリ・・・と舞わせてましたね。

まー いやらしい(笑

じっさい、ボヴァリー夫人は発禁図書になって
裁判沙汰とされました。
むかしはみんなマジメだった・・・というか
マジメのフリをしようとしてたんです。
それが何時のまにやらやら。

一方、「女の一生」は、ボヴァリー夫人みたいに
「愛の大爆発」はできなかった、大多数の19世紀の
人妻の静かな怨恨が詰まってるかのような
作品です。

カラカラ系。

マンガにはほんとにしやすいようで
そこらへんをどう描いてるのか見物です。

________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________
by horiehiroki | 2012-01-29 04:17 | いただきもの | Comments(0)

新陳代謝とゴミ捨て



今日はひょんなことから
自室の収納の
大掃除を始めてしまいました。

45㍑用の袋、4,5個分は
捨てたかなぁ。

収納の掃除で一番おもしろいのは
古い写真が見つかったり、
なくなったはずのソフトのCDやDVDなんかが
出てくることですねー。
なかなかよい発見がありました。

思うに、「ゴミを捨てられる」ということは、
前に進めていることです。

さらに瞬時で、要る。要らない。
を決めてバッサバッサ捨てていくのは
ゲームみたいで、けっこう好きですね。

ーーー思えば、大学を出て、
新宿区で暮らしてたころ、
一番モノを溜め込んでたようです。

当時の自分は、作家デビュー直前で
フリーライターだったり、ウェブのデザインだったり
あと楽譜の輸入代理店みたいなところで
アルバイトしたり、編集アシスタントをやったり
まー、文字通り、
「海のものとも山のものともつかぬ」状態でした。
だから、気になるものは、グルメだろーが、
服だろーが、夜景だろーが、資料として
手当たり次第溜め込んでたんですよ!

それが3年ほど前に一度、7割方「ゴミ認定」され、
今、また、つぎつぎとゴミになってってる。

最近も自分の未来は、というと未知数ですが
だいたい作家という夢も定まり、同時に
方向性も見えてきた、ということと
重なっていると思います。

収納がどんどんここ数年でスッキリしてってるのは
いいことでもあり、いろんな選択の結果、
可能性がある意味なくなってること・・・・
なのかな、みたいなことも思ってしまって
センチメンタルな気分にもなるけれど
空白なき所に新しさは生まれません。

ーーーこれらの大量のゴミとは
月曜日の朝、
自分の新陳代謝と成長の証だと考えて
感謝しつつ、サヨナラしようと思います!(笑

________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________
by horiehiroki | 2012-01-28 23:46 | 日々 | Comments(0)

2 月11日 テレビ出演


26日は新橋の日テレまでお出かけ→収録でした。

堀江宏樹がえらぶ日本の悪女ベスト3(笑)
みたいな感じで語ってきました。

しかーし、放談型のトークしか
したことがない自分。

限られた尺&厳然たる脚本が
存在するタイプの収録は初めてで、
CM撮影してるような感じが
おもしろかったけど、ちょっと疲れました(^^:) 

いつもは台本はニュアンスを掴む程度なんで、
台詞を覚えずに現場入りするエソカ様(※イメージ)
みたいなことを(はからずも)やらかしたけど、
なんとか終わってよかったよかった・・・という
気持ちでいっぱいです

根気強く支えてくださった
ディレクターのMさんに
感謝です!

放送スケジュールは、

【番組名】  「大河クイズ・日本の歴史(仮)」 
【放送日】 2 月11日 (土)PM1:30~PM2:30
【放送局】 日本テレビ 

だそうです。

11日は建国記念日ですね!

自分がインタビューされてる背景にも
映していただきましたが、
ブツ撮りとして、昨年末に連続出版された
4冊+乙女の日本史の映像も
録ってくださるとのことで。

丁寧なご対応に感謝です!

自分は、いわば「おまけ」なコーナーに
出演なので流れ星みたいな感じの
出現だろうと思いますが、
みなさま、どうか、よろしくでーす。

それにしてもテレビ局の空気は
出版社の空気ともまた別だなぁと
思いました。独特の活気があるもんですね。


___________________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________
by horiehiroki | 2012-01-26 03:31 | お知らせ | Comments(0)

溜息

みなさんは「内見」をしたことがありますか?
相当、苦戦しています・・・

物件って9割以上が、周辺環境という点で
自分の好みではないという気がします。
そしてその数少ない例外を内見したら、
内部のあまりのひどさに驚愕するという。

とくに、社長さん(もしくは
それに類するお仕事の方)が
手放されたお宅のすさまじさには、
心底、驚かされます。

なかなかうまく行かないものですねー

溜息

・・・ってまぁ、それはともかく。

今日は増刷の連絡やら、

物資困窮の折ですので(笑)
ありがたい面白い仕事の申し出やら
いろいろ楽しいお話があったのに
すべて消し飛んでしまいました。

人間ってショックに引きずられるもんですね。
熱いお風呂に
入って早々に休むことにします!

明日はテレビの収録ですー
by horiehiroki | 2012-01-25 00:53 | 日々 | Comments(0)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
まず最初に・・・

なんと尻の映ることの多い大河であることよ(^^:)

これまで3回見てきて、ふんどしの登場率の
際立った高さに驚愕しております。
開始数分後にかならず出てくる大量の尻!
尻!! 尻!!! 

さて、まずは清盛ちゃんの年齢考証ですね

ツイッターなどを見てると、今日の清盛ちゃんは
おいくつ?みたいな論考が跳梁跋扈しております。

わたくしなりに考えると、
清盛ちゃんはローティーンです。
小学6年生ー中1くらいでしょうか。

清盛ちゃんは1118年生まれ。
史実によると、1129年に12歳で元服、
同時に官位を朝廷からいただいております。

また史実によると、白河院(タフマン)崩御は
これと同じ1129年でございますね

大河はフィクションですので、
事実が前後することを考えても
今回の清盛ちゃんは、
小学6年生~中1。

これはこれは
リアルに厨二病の症状が加速していくのも
むべなきことなり!

清盛ちゃんが14歳の時にあたる1131年、
平忠盛(中井貴一)の昇殿、そして
それに伴う、いぢめ事件が
「殿上闇討ち事件」にまつわる
エトセトラが来週の清盛さんですからねー。

それにしても今回は清盛ちゃん=魔性
ということがわかってしまいましたな

More
by horiehiroki | 2012-01-22 21:41 | 大河ドラマ | Comments(0)

チカリシャス


ばたばたしてて書くの忘れてたんですが
先月のクリスマスあたりに、
スイーツだけ、つまり
デザートオンリーでフルコースを
やっちゃうことで話題の(?)
チカリシャスに行ってきました。

NYが本店かな。
ワインもしくはシャンパーニュなどとの
相性を重視したつくりになってる、とのことでした
ワイン片手に甘いものをつっつくというスタイルが
当地のキャリアウーマン系にウケてるとか。

日本では、シャネルとかMOMAのショップが入ってる
原宿/表参道のテナントビルです。

たとえば、とちおとめ(イチゴ)をつかった
スイーツがこれ↓

e0253932_522958.jpg


綿のようなのは飴です。

それにあまずっぱい、ルビー色のソースをかけると
雨上がりのクモの巣みたいな露が付き、
工芸品的なキレイさが出ます・・・ ↓

e0253932_523515.jpg


この日のメインは各種のチョコやアイスをつかった
エクレアだったかな。

e0253932_524870.jpg


・・・と創意工夫に富んでてなかなか
たのしかったです。
この時、甘めのシャンパンを頼んだかな。

ただーし、やはりスイーツオンリーと
シャンパーニュで、2人8000円近くなるのは
いくら場所代が含まれてるとはいえ、
・・・リピートしたくなる価格設定とは
いえないとは思いました 汗

ただしスイーツ(笑)系の女子、もしくは男子にも
受けるのは間違いなしだと思うので、
ちょっと気になるリッチな人は
ぜひチェックしてください!

___________________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________
by horiehiroki | 2012-01-20 05:09 | グルメ | Comments(0)




「古楽」の旗手にして
「古楽」の祖といってもよい
グスタフ・レオンハルト氏(1928年5月30日 - 2012年1月16日)が逝去されました

e0253932_1554637.jpg



「古楽」という音楽ジャンルは、「クラシック音楽」という括りの中にあります。

その名の通り、ある時代の音楽を
その時代の楽器、そしてその時代の演奏の音楽精神で演奏する・・・というものです。

その古楽というジャンルを現代的な意味で確立したのが若き日のグスタフ・レオンハルト氏でした。
彼はチェンバロとオルガンの奏者、そして
指揮者として多くの録音を残しました。
この前、演奏活動を引退した・・・とのことでしたが
まさかこんなに早くに亡くなってしまうとは。



「シャコンヌ」、ジャック・デュフリ(作曲)



この曲でした。

この曲は、ぼくがまだ十代だったころ、つまり古楽など認めない後期ロマン派の直系の後裔であった頃、クラヴサン(=簡単に言えばチェンバロをフランス語であらわした言葉)音楽をはじめて美しいなぁと思った曲だったんですよね。

ひとくちにクラシックといっても、楽器は進化しますし、カタチも音もかわります。構造的にはまったく別モノですが、チェンバロはピアノの祖先といわれます。
バッハはチェンバロのために書いても、それより進化したピアノでその音楽を弾いたほうがバッハは喜ぶはずだ・・・という進化論的な考え方では抜け落ちるナニか・・・それはおうおうにして甘美さ(=デリス)だと思うんですね。

バッハの音楽はともかく、さきほどの動画のジャック・デュフリというルイ15世時代のフランスの音楽はどうでしょうか。

音域的、テクニック的にはピアノでも弾くことはできても、それは音楽として好ましいカタチで響くのでしょうか?

こういう音楽の進化史、そのメインストリームからは離れた珠玉を拾いあつめにいくのが、古楽の音楽家たちの指名であり、それを先導したのが、稀有なる演奏家にして、熱心な古楽器コレクターでもあるレオンハルト氏だったとぼくは思います。

十代の自分はそこまで考えていたわけではないでしょうね。
しかし、そういうことに気づき始めた・・・それを教えてくれたのがレオンハルトさんとその音楽でした。

あれから15年。
思えば長い付き合いでした、レオンハルトさん。

もう伝説の中の人物になってしまわれた。


___________________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________
by horiehiroki | 2012-01-18 01:53 | 音楽 | Comments(0)

平清盛(2.1)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
番組で使われる王家の名称について、
堀田純司さんがおもしろいことを書いておられます。

王家より、実際に中世にも用例のある朝家(ちょうけ)のほうがよかったという指摘もあるとのことですが、
うん、たしかにそうかもしれません。
でも、一般的に言って、朝家(ちょうけ)自体に馴染みはないんですよね。

ただ、使われてたことは使われてました。

たとえば、一番すぐに思い出すのは、
信長の提案で譲位できそうになった時の天皇のこと。
彼は、史実では、屈辱だと怒ったどころか、
朝家復興のきっかけになると大喜びだったんですが。
これは、天皇が退位し、上皇、法皇となって新天皇を見守る、監督していくという平安時代末~の院政時代を、天皇制のひとつの完成形として、朝廷サイドが考え続けていた証だと思います。

そういうときにも天皇および朝廷の関係者みずからが、朝家という表現を使ってたのを思い出しました。

ただ、王権という言葉もすくなくとも、中世を専門とする(ある種の)歴史学者の間ではよく使われているんですよねー。

有名なところでいうと、網野善彦さんとかの著作を調べてみてください。まぁ、天皇家=神という公式に変化があった、戦後史観のたまものです。

天皇家は、↑のリンクにもあるように、
近代的なイメージがする呼び名のようにも
感じます。

ただし、王家という呼び名となると・・・・
どうしても、天皇家の話というより
フランス国王のブルボン家とかそういうのを想像してしまうんですよねー(笑)
あと、自らを日本国王と名乗った足利義満とかの「王権」などなども。ということで、どう説明されたところで、王家の呼称には、じゃっかんの違和感は残りそうです。個人的には。

しかし、ぼくの個人的な感慨はともかく、今回の論争は、天皇制とよばれるシステム、そしてその歴史がいかに幅広い広がりを持つか、教えられる出来事だったと思います。


___________________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________
by horiehiroki | 2012-01-16 00:23 | 大河ドラマ | Comments(0)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________


今回もよくわからんパゥワーが
満ち満ちた回でした。

そして、本日は第二回目にして、
はやくも白河法皇(伊東四朗)が崩御するという
残念な回でもありました

やたらと映るなぁと思ってたら。死んじゃうなんて!

なお、あのロケ地はなぜか東寺の金堂らしいです。
彼が祈祷してて、感極まり
ホワーッッ 
とか叫んで絶命するシーンの舞台ですな。

e0253932_023517.jpg




ーーー法皇さまはタフマンだったのと違いますの?

ちなみに本日のマツケン清盛さんは
自分探しとアイデンティティの確立に余念なく、
真剣を振り回しての舞踊(ミリタリー・ヲタ)などなど、
厨二病爆発でしたが
史実でいえば、11歳。

無理からぬことでございます。
少年は荒ぶるのでございます。
ご家庭の事情が複雑ですし

のちに源義朝(義経、頼朝の父)となる
玉木宏がチラッと出てきてましたが、
彼は7歳とかですね(笑)
小日向の息子が玉木ってところが
法皇さまの息子以上に
ほんッッとに産地偽装っぽくて恐しいです!

玉木さんのあのあまったるいしゃべり方は
年齢を意識したことだったのです

去年のお江ちゃんの影がチラチラいたしますねー。
「先輩ーー!!」みたいな。

___________________

※堀江宏樹の新刊もよろしくお願いします!※

e0253932_211951.jpg


※くわしくはこちらから。
___________________

More(読んでもなんの毒にも薬にもなりません)
by horiehiroki | 2012-01-15 21:44 | 大河ドラマ | Comments(0)