<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

まんがで読破「夢十夜」


イースト・プレスのMさんから
まんがで読破シリーズから
「夢十夜」をいただきました。

Mさんには以前、「あたらしい源氏物語の教科書」という本を出していただきました。

(今、源氏物語関係の仕事で、自分の本を再読してたところです 笑)
手前みそですが、かなり面白い本に仕上がってるので、ウチのブログの清盛関連記事ファンの方は、こちらもご一読、よろしくです!)

さて、夏目漱石の「夢十夜」の漫画化ですが、かなり成功してます。
映像にすると嘘くさいんだけど、
漫画にすると
行間にあふれてる
ほのかな不気味さというか
夏目文学に特有の
世紀末くささというか。そういうのがすごく出てきます。
そのころ日本に世紀末なんて感覚は一般的ではなかったと
思うんですけど。
漱石がロンドンで引きこもりになったのは、成熟しすぎた
ヨーロッパ文化のいったんをそこで触れてしまい、
気後れを感じ、
その毒にやられてしまったから、かも・・・・
なんてロマンティックなことを
考えてみる。

退廃スレスレの洗練に
「気後れ」を感じる、
それは退廃の胤を
心に宿してる人ゆえの
感性です。

ニーチェの極端な「健康な心身」への
礼賛も
けっきょく、
ニーチェがそちらの側には
いないことの証明であり、
コンプレックスであることと
ある意味、同じ。


「夢十夜」のスタイルといえば、詩とも小説とも散文ともつかない、「オチのなさ」感。

e0253932_311854.jpg


こちらの漫画ですが、
縄きれを蛇にするといったまま、
池に(なぜか)入っていって
二度とあがってこない爺さんのシーンです・・・

「今になる 蛇になる 深くなる 夜になる まっすぐになる」

という台詞が、はらむ狂気・・・・・・

漱石がそういうからこそ、というところもあるんですが。

怖いんですよね。

それをことさらに演出せず、見せていて、これはいいな、と
思いました。
このエピソードはこれで終わり。次から新しい話がはじまります。
逐語訳みたいな漫画化です。

ほかには、「思い出すことなど」の漫画化も収録。

はじめて漱石の世界に触れたのが
高校生のときの夏休みだったので・・・
あれって今から何年前かな。

数えるのやめとこ。


でも夏になると漱石に触れたくなるのは
なんでだろうかな
by horiehiroki | 2012-07-31 03:05 | いただきもの | Comments(0)

0729

ダイエットで長生き?


平均寿命が50才の時に84才まで生きた、トマス・エジソン(1847年2月11日 - 1931年10月18日))が実践していたというダイエット法がある。

彼の家に伝わる健康法で、元ネタは400年位前のイタリアの貴族ルイージ・コルナロという人が書いた
「節食で長生き」的な本から。

その名も「長生きする術」。

エジソンのダイエットのポイントは
好きなものはなんでも食べる。

でもその量が問題。

具体的にいうと、トースト2枚にチーズ載せたくらいの量(110-170グラム)「のみ」だったとか。


なお、亡くなる1年前からは、さらに食べないことを実践していたエジソンの1日の食事は
コップ7杯の牛乳とオレンジ1個のみ。

……これで死んでしまった気もしなくはない。

なお、20世紀初頭まで、からだの働きについての研究はほとんど
進んでおらず、エジソンが小さいころはタンパク質も炭水化物も
発見されていなかったんだそうです。
by horiehiroki | 2012-07-29 20:27 | 夜の箴言 | Comments(0)

練馬区立美術館まで
バルビエ×ラブルール展を
見に行きました。

e0253932_3233058.jpg


期待以上にすばらしかったです。

レビュー、書くの忘れてました・・・

また詳しくは後ほど。
by horiehiroki | 2012-07-29 03:24 | 展覧会 | Comments(0)

広告が出なくなります

今頃気付いたのですが…
うちのブログ、広告が出まくりでしたね…スイマセン


ぼくは魔法が使えるので表示させてませんでしたけど



いちおう、これでもプロの作家のブログなんですよね 笑

こんなデカデカと広告が出てるひとのブログに、
出版社やテレビ局の人はメールをくださっていたものだと。

みなさまの愛に深く感じ入っております。

いつもありがとうございます。


しかし、ついに、8月からウチのブログに広告が出なくなります!!(※PCから閲覧した時に限る)


今さらって観も否めませんが、当初、旧・橙通信のほうがホントに来客数が多かったんですよ。こちらのブログにメインを移して1年くらいはそうだったかも。最近になって、旧:新の入場者の割合が、ようやく1:10くらいになってきてるのに気付きました。
そういうこういうで、こちらで本腰をいれてやっていけるかな、という実感をようやく、手に入れたんです。

それに従い、まっったくYAH00のオークションとか使わなくなってたんで、アッチはやめることにしました(w
資金面もコレでクリアです! 人間、生き金を使わなくてはいけません。


生き金といえば、坂本龍馬さん(というか龍馬伝)を思い出しますね。

よく土佐藩士・坂本家は、才谷屋という商家が本家だと言います。


”明和4(1767)年、初代の太郎五郎の墓を建てた時には坂本姓を刻んでいる。この墓は直益が建てたとされるもので、坂本姓は直益の頃と思われるが、改姓の理由や時期を確証するものはない”

とリンク先の文にもあるとおりです。

ようするに18世紀後半に、カネで武士の身分を買ったのが、
この(六代目の)坂本直益の時代のこと。

この時代の土佐藩主は八代・山内豊敷(やまうち とよのぶ)。
初期は伝統を重んじる政治家。

豊敷さんは、学問を好んだ藩主として、また歌人としても有名だったそうですが。

治世後期は飢饉などにみまわれ、財政難に。

しかたなくなって「流通に寄生」、商人と癒着した……

などなどの解説が「シリーズ藩物語 土佐藩」には見られました。

この八代・豊敷から九代・豊雍(とよちか)の治世は、
ちょうど直益が武士の身分を手に入れたのと同じ時期なんですねー。
坂本家は藩主=藩の経営者サイドのせちがらいところに
「つけ込んだ」というわけです。たくましい。


最近、江戸時代のリサーチをいろんな方面からしてるのですが、
回り道をしたぶん、面白い結果が出てくる気がします。


例によって脱線しましたが、今後とも橙通信をよろしくお願いいたします。
by horiehiroki | 2012-07-29 02:48 | 日々 | Comments(0)

シゲ子無双 補遺


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
e0253932_061146.jpg


15枚までしか画像ってUPできないらしいんで
昨日、だしそびれてましたが、本作の深田さん、キレイですよねー。

時子役ではありますが、「源氏物語」の紫の上みたい、と
思わせられます。

情感の出し方が上手い。いつのまにかいい女優さんになられていました。

束帯(正装)姿のマツケン清盛さんですが、後れ毛などは
油で固めず、あえて、もじゃもじゃとしたままにしてますね。
これもイレギュラーといえばイレギュラーな装いですが、
青春時代からそうだった、破天荒な「清盛らしさ」をアピールしてるのかな、と。
今回は、製作サイドのコダわりや、いろんな創意工夫が
本当に強く感じられますね。

今、ちょいワケあって、後白河自身の残した
「梁塵秘抄」の一部をつまみ読みしてるんですが、
厳島神社に建春門院(平滋子)といっしょに
出かけたときにも、神事の際、厳島の巫女が、
唐装束(中国風の服装)をして舞った
という記述が出てきます(『梁塵秘抄』、「口伝集 巻第十」)。

ほかにも後白河の遭遇した神の仕業とおぼしき
超常現象などがくわしく、彼自身の筆で書いてある。
ずいぶんと理知的な文章の書き手です。後白河は。
今様に熱中したということは自分でも強調しているけれど
けっして、「もの狂いの帝」ではないです。








そしてコレ。中村梅雀さん演じてた
平家貞のラストシーンで登場した
謎のカラクダモノ(唐果物)です。

e0253932_51568.jpg



唐果物といえば、茘枝(レイシ)だと思ってたんですが、
茘枝はとても腐りやすい。
しかも、どうみても果物じゃなくて人形焼きみたいでしたよね
コレ何? みたいな話にウチのお茶の間でも
なってたんですが、

これ、前回の記事のコメントで
教えていただいた名前から調べてみると
奈良時代に日本に入ってきた、
それはそれは由緒ただしいお菓子なのだそうです。

商品名を清浄歓喜団として、現在もこのお店でのみ販売中、とのこと。

NHKなので、公卿となった清盛ですら
商品名をいうことができないんですかね(w

7種の香が配合されている。特別な日に精進潔斎して作られる、
京都でしか手に入らない・・・・・・などなど特別な存在感。

そして、お1つ525円でございます。

今度、京都に行くのは何時かわかりませんが、
その時、ぜひ試してみたいと思いました。


参考)


から‐くだもの【唐果物・唐菓物】
1 粳米(うるちごめ)の粉、小麦粉を甘葛(あまずら)の液でこね、種々の形に作って胡麻油で揚げた菓子。唐の製法を伝えたところからいう。種々の木に飾って用いる。梅枝、桃枝、餬(かっこ)、桂心(けいしん)、団喜(だんき)、鑼(しちら)、鎚子(ついし)、などという菓子の総称。からがし。
2 植物「れいし(茘枝)」の異名。

国語大辞典
by horiehiroki | 2012-07-25 00:08 | 大河ドラマ | Comments(2)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________

清盛さんがついに正三位、つまり貴族の中でもトップクラスの貴族である
公卿の座を手に入れたことから、一族の子弟たちは、のきなみ出世しました。

e0253932_46376.jpg

e0253932_4649.jpg


今頃思いだしましたが、重盛役は、「下流の宴」の中で
黒木瞳ママに溺愛される、無気力なショウちゃん
を演じてた俳優さんなんですねー。
役柄によってまったく雰囲気が違うんだな。驚いた!

そして、重盛のとなりのゼクシィですが・・・これ、正直、
たまげました。

自分はそこまで着物の柄=有職紋に詳しくはないんだけど、
この人の着てる模様を雲立涌(くもたてわく)といいます。
当時では、親王ないし摂政・関白など要するに
最高のステイタスをお持ちの方しか
お召しになってはいけないというアレですよ。

自分は、むかしある撮影のためにきましたけど、
当時は、当時は、今とちがうんです!(w
当時は、身分によって許されるオシャレ、許されないオシャレが
ありましたので・・・。

参考)

e0253932_46442.jpg


→くわしくはこちらから

ただし、平家の公達というと、実はもっともっと数が多いです。
清盛の息子の重衡はまだ登場してないですよね?
また、刺繍などはこの頃の服には用いられないため、
その一人一人に同じ柄を着せるわけにもいかなかったから
製作サイドの苦肉の選択でしょうねー。

本来、雲~ の模様の入った服が許される、
摂政・関白というのはこういう感じの人たちのことです。
清盛のドラマでいうと。

e0253932_46592.jpg


この人は、藤原基実でOkなんですけど、辞書には近衛基実としての名前でよく
出ていますね。公家の中の最高の名門・近衛家の始祖となっています。
いわゆる五摂家のトップの家柄ですね。
なお、20代で早世した、美男子だったそうですが・・・・・・・・ 
ドラマでは「えぇ???」なかんじのアダルト仕様でござる
残念


e0253932_46524.jpg


家電俳優とは・・・(w
この人は、けっこうボンクラでして、子孫も代々ボンクラで早々に家が絶えてしまうという
ありさまでございました。

e0253932_46681.jpg



そして、忠実さんがつとめていた、摂関家の長を
忠通さんがロマンスグレーなふんいきで演じるようになりました。
保元の乱で、頼長との面会を断った時点で
忠実さん(國村隼)は入道、つまり出家してたようなので・・・・・
もう出てこないんでしょうね。

残念。


e0253932_46684.jpg


残念といえば、美福門院さんもお亡くなりになりました。
しっとりとしてはいたけれど、
不完全燃焼な退場のような気が・・・

あれだけブイブイ言わせてた方が、ちょっとしおらしすぎて(ついでに
菊も萎れていたというね)・・・哀しいです


e0253932_46717.jpg

e0253932_46855.jpg



そして本日の目玉・後白河さんソロリサイタル(w

熱演の最中に外野から

君主の器ではない、とかいわれたいほうだい。

きこえますってば!!

e0253932_46831.jpg



しかし、リサイタルには熱心な聞き手がいたのでした。シゲ子です。

More
by horiehiroki | 2012-07-24 04:21 | 大河ドラマ | Comments(1)

アートフェアで

春のアートフェアでお話した方の作品が
現在、銀座のSONYビルを飾ってるみたい。

同行してくれたMさんからのメールより。

現在も机のうえにはその時、
画廊の人からもらった缶バッジが。

チアキ・コハラさん。

e0253932_173692.jpg



すごくカワイイ女性作家さんなんだけど、
これは精神的な自画像なんだって。
構って! わたしを見て!っていう
ワガママすぎる女の子像、なんだそうですよん。
by horiehiroki | 2012-07-23 01:09 | 日々 | Comments(0)

崇徳と後白河は同居?

前に、ある仕事のうちあわせで、
(大河ドラマにあったように)
崇徳と後白河の兄弟は
ホントに同居してたの?
って聞かれました。
なんとなく記憶が朧だったので
調べてみたところ、
史実みたいです。

後白河本人が編纂したという
「梁塵秘抄」という本に、
待賢門院(璋子)がなくなって寂しくしているところ
兄の崇徳が、自分の御所にくるとよい、と呼んでくれた……
という下りが出てくるんですね。

梁塵秘抄は、大河のテーマ音楽にも引用されてる
「あそびをせんとや・・・」の詩句などが集められてます。
もともと遊女とか、いわゆるアレな人たちのアレな歌が
多かったからか、現存するのは2割弱みたいですけどね。

しかし、そこまで不遇時代には仲のよかった
兄弟なのに、権力を片方が握った後は恐ろしいことになっている。

崇徳の「われてもすえに あわんとぞおもう」 の歌を送られたのは
彼が京に残していった、とある女性ということに通例はなってるけど
ホントは女性でも、ドラマみたいに西行でもなく(笑)、
弟に宛てて詠まれたのかもしれませんね、
という話をしています。まぁ、創造的想像ですが。




梁塵秘抄【りょうじんひしょう】

後白河院編纂の今様(いまよう)集。歌詞集10巻,今様の故事・来歴を伝える口伝集10巻の計20巻。現存するのは2割に満たない。歌詞集完本唯一の巻2は法文歌(ほうもんのうた)と神歌(かみうた)とによってほぼ二分され,前者は七五音4句の今様形式を基調とし,経典の縮約・讃嘆を歌って祈りの心に満ち,後者は自由律のうちに<もの尽し>形式を駆使し,都市民の喜怒哀楽の多様な心模様を直截に歌い上げて異彩を放つ。また口伝集巻10は,院の今様の正統性を証し後世に残そうとの悲願に貫かれ,院の今様生活や傀儡女(くぐつめ)たちの口吻をも伝えて注目される。 

岩波日本史辞典CD‐ROM版
by horiehiroki | 2012-07-21 20:42 | 歴史・文化 | Comments(0)

粗食じゃないの?

日本では江戸時代になってから、
ようやく1日3食を摂るようになったといいますね。
朝・昼・晩の、1日3食。

ところが、この前読んでいた本によると
ヨーロッパで1日3食が始まった時期というのは
かなり差があるようです。

地域差のほか、階級差が気になりました。

フランスの貴族では、18世紀ごろ、3食になったというけれど、
早朝の朝食、正午の昼食、夜9時以降の夜食(※適宜、間食アリ)
という感じです。
ひとくちに夜食といっても、
お茶漬けサラサラ的なライトなものではなかった。
オペラがはねて、舞踏会でおどって、お腹がすいたので
比較的ガッツリな感じです。

しかし別の資料では15-16世紀、つまりルネサンス後期には3食
食べるようになったとか、(身体を使った労働をする)庶民は4-5食を
食べていたとか色んなことが……(笑

で何を言いたいかというと、
ウチの家で粗食のつもりでいたメニューは、
まったく粗食ではないらしい、
ということが分かってしまったという
ことですね。

ちょっと違うトレーナーさん(かなり痩せてる)に
意見を求めたんですが、彼曰く、体脂肪は12%もあれば十分。
とのことで(自分はそれより、数%は多いのでデブ扱いされました 苦笑)

肉と魚をいっぺんに食べることもしばしば、
それも昼も夜も…ってのは大いにダメみたいです(笑

その分、ぼくは朝は食べません
(夜食は、けっこうたべますけど! タンパク質中心の夜食ですから!)

とかいうと、それもダメみたいです(笑


豆腐にしましょうか?

缶詰めの魚にしましょうか?

とか言われてしまったんだけど、

ビミョーな表情してたら

憐れまれるようなやさしい顔で微笑まれました

えー。缶詰めの魚ってシーチキンのこと? 

それって何のために
生きてるかわかんない気がするわけです、が。

でもね、でもね、最近、周囲のご家庭にくらべて
ゴミの量が2倍くらいあることに気付いてるんです。

うちの家。

あと、冷蔵庫に昔は成分調整乳が入ってたのに
最近、成分無調整のばっかりになってる・・・


これも気付いてるんですけど・・・

えー。

そして、身体中をまさぐられたあげく、
見た目ほど筋肉量が少ないとか
ダメだしされて、へこみましたw

→ トレーナーさんへの相談は
自分と体質・肉質、そして人生にもとめる価値観が
似通ってる人にしましょう。
よけいに煩悩が増えます
by horiehiroki | 2012-07-20 06:19 | 日々 | Comments(0)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
マツケンさんは演じる役でまったく姿や空気をかえる
カメレオン俳優との風評がございますが、


ーーー清盛くんの顔面がまったく安定しない気がします。

いや、駆け出しの漫画家の作品読んでるのとは
また別な感じですけども。

今回はホントに誰やねんって何度も思いました(笑
醜いことにまみれてでも、テッペンからの景色を見てやる!!
とか夜王みたいなことをいいだしまして、
またもや一皮むけたみたいですよ

e0253932_5145111.jpg



さて、今回「友の子、友の妻」でもっとも注目したいのは
常磐(武井咲)ですね。

More
by horiehiroki | 2012-07-17 05:29 | 大河ドラマ | Comments(0)