<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

奄美大島のタンカン

「葵学園」とかでもちょろっと触れたけど、奄美大島はオトナの事情が多々ありまして、現在は鹿児島県に所属してます。

歴史的には琉球王国の支配下にあったのが奄美諸島なんだけど、薩摩くんの中の人(鹿児島県)が(略)ということで、いろいろと大変な目にあったのが、奄美大島エリアの人々です。

しかし、文化的なアイデンティティは、どうなんだろうというと沖縄文化圏にするっと吸収されてしまってるイメージがあります。
(奄美)大島つむぎ なんかは有名なんだけど、それも沖縄(琉球)の産物ということになってしまってる気が・・・。大島っていわれても、奄美大島と頭の中でくっつかなかったり、ね。


沖縄はアイデンティティ確立のための発言が積極的で、またそれが上手いんですけど、鹿児島県所属の奄美大島はそれも出来にくかったのかなー…っていう何かを感じ取ったり。

毎日新聞(2月24日)に書いてあったタンカンという柑橘類について興味をもって色々しらべています。

e0253932_19552522.jpg


タンカンはもともとは台湾産の植物みたいです。
白洲正子の祖父として(今では)有名な樺山資紀が1896年に台湾から持ち帰ったと。
このときポンカンも日本にもたらされました。


奄美大島でも数少ない専業農家の平井さんのお宅のタンカンは大人気で予約販売(リピーターがメイン)だけで売れてしまうほどだそうで。ふぇー。(※沖縄産のほうが一般的には知られてるそうですが、希少価値があるみたい)
記事にもあるけど、こんなに実が詰まってると、そりゃ野の小鳥が中身だけをキレーに食べてしまいますわな・・・


この記事には螺鈿細工の原料であるヤコウガイは日本近海では奄美大島以南でしか取れず、古代日本の「中央政権」とも、15世紀の琉球王国誕生以前から交易をしていたという記録が紹介されてたり、興味深いですなあ

……ということを、(ドラマは宮古の話ではあったけど)純と愛の最終回を見た時に思い出して書いてみました(w 
by horiehiroki | 2013-03-30 19:56 | 歴史・文化 | Comments(0)

NHKのタイムスクープハンターって時々、見るんですけど。

前は大奥の(いちばん”カジュアル”な女中である)おすえ部屋に潜入!!!みたいな回を見たんですが、どうみても女装の不審男性が泥酔したおすえ女中たちに取り囲まれ、脱がされそうになるとか、けっこうリスキーな内容で、この命がけのゆるさ、みたいなのが好きで。親は引いてたけど。

あと、まえは女相撲うんちゃら、みたいなのも見たかな。


で、きょう、イースト・プレスさんから連絡があって

髪結い ちょんまげ騒動記

熱狂! 初ガツオ争奪戦
の二巻がいつもの「まんがで読破シリーズ」にくわえておくられてきました。


→追記: 箱の中からもう一冊、タイムスクープ~、出てきました。 全三冊、すべてお江戸の庶民関連のお話ばかりですね。


で、さっそく脱線しますが、「まんが~」、先月号の「職業としての学問」は早く読んでみたいんだけど、まだ読めてない・・・ ちなみに戦前の場合、あの本を高校生の時に原著で読んだ上で、一橋とかの経済学部ではアダム・スミスの「国富論」について原文購読、さらに自分の考えを英語で書く…とかそういう試験があったとかなんとか聞きました。

日本人の学問レベルってさがってるよねー、と。

ゆとりとか言ってる暇ねーよ、と。

大学の時に職業としての~は読みましたが、いかんせん、よく覚えてない(笑

で、お江戸の話をおくってくれたのは葵学園経由でしょうか。

タイム~って、あれ、1話で立派に一巻の漫画になるんスね。

ちょんまげ騒動記にも出てくるけど、通称・ちょんまげはねー・・・。

ちょん(=ちょっとした)、マゲってことで、
髪が少なくなっちゃった男性ようの髪型にすぎないんですよね。
マンガにも丁寧にでてきます。

で、江戸時代って髪がビシッと結えないと、お勤めは出来ない=現役引退するんです。
今のお相撲さんと同じ。

平安時代なんかも冠にしても烏帽子にしても、いわゆる被り物についてる、細いカンザシ部分を自毛でつくったマゲの部分にザックリさして、それでズレないようにしてました。もし頭が丸出しになるようなことになると、一大事。

・・・で、この被り物が出来なくなるときが、出家のタイミングだったみたいです(綺陽会の八條先生は、若くして出家=若ハゲだったんじゃーって冗談めかしておっしゃってましたがw)

・・・っていうわりとショッパイ背景をもとに、父親がいつまでも現役だと士官(就職の道)がない息子の葛藤だのなんだのを描いたのが一巻。

で、初がつおの巻のほうは、いかに江戸の人々が初物にコダわったか…という話しです。終わり初物なんて概念すらもありました。これは旬がすぎてるのに初物みたいなみずみずしさがある何か、みたいな。

歌舞伎なんかにも季節感を表すアイテムとしてマストな存在です。
とくにカツオへのコダわりはすごかった。(歌舞伎だとビニールで作った魚の模型が使われたりしますw

あと漫画に出てくる、寿司のプロトタイプの話はおもしろいんで、みてください。

ぼくはアレらはコンビニで売ってる総菜パンとか、ハンバーガー的な何かだと思っています・・・。

味がしょっぱいのはしらなかったけど、基本的に腐らないように醤油につけ込んだりしてるので、しょっぱかっただろうなーと思いますね。

明日までに読まなきゃな本あるんだけど、立て続けに読んじゃった(笑




______________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
by horiehiroki | 2013-03-30 00:14 | いただきもの | Comments(0)

八重の桜(11)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
いやはや仕事とか用事がたてこみまして
レビューが遅れまくりです。

「蛤御門の変」、ドラマとしては、なかなかよろしくできあがってました。

蛤御門について。蛤御門はいっけんソレっぽいけど俗称です… 

☆ あと・・・放送の補足とすると、蛤御門は御所エリアの門であることは間違いないと思いますよ。しかし、陽明門などなど、いわゆる「宮中十二門」のうちのひとつではなく、したがって、御所への入り口というわけでもございませぬ。

兄上が砲弾の攻撃うけて、頭から血を流して倒れてましたが、彼が(史実では原因がよくわからないんですが)失明していく・・・ということへの前ふりなのかな、とも。

やたらとドスの効いた親方・松方弘樹が後半のインパクト総締めでしたが(w、治安維持につとめていたはずの会津藩(桑名藩、そして参加してきた薩摩藩など)の活動あって、ようやく長州藩の蛮行を止めることができた、のですが。
理由はともかくとして、街が焼け野原になってしまいました。その責任を一方的に取らされる形で、兄上はじめ会津藩士に石がなげつけられてましたよねー。
まぁ、ヒトの心というか、支持率っていうのはビミョーなもので、新撰組だって最初は喜ばれてたのが、だんだんイヤがられるようになっちゃいましたし、その一方で、長州びいきの町人なんかもけっこういたようです。
長州は長州の私利私欲あって色々と動くわけなんですけど、もともと徳川幕府が出来て以来、帝とその周辺に対する抑圧というのはけっして気楽なものではなく、彼らがまなべる正式な学問は「和歌」のみ。

いや、ほんとに。

その和歌自体も、たとえば話すとちょーーーー長いのですが・・・・

和歌って、公家も武家もあわせて為政者層にとって、特別な存在でした。ただの文芸ではなく、とにかく特別な存在。ものすごく平たくいうと和歌を学び、詠むことで、天下が治まるなんて思想のシステムがあったと。
有名なのは江戸時代初期、戦国大名としては滅亡した今川家の血筋を引く、氏真と、家康がひさしぶりの対面したときのことです。

☆家康は今川家に人質(そんなに悪い扱いではなかったようですが)として、青春時代をすごしてます。氏真とも顔見知り…っていうか家康最初の奥さんこと、通称・築山殿のきょうだいですな。

立場が反転した二人ですが、彼らがこのときの面談で両者が話した内容にも歌がふくまれており(氏真は歌人として京でそこそこ成功してた)、歌はそんな簡単なもんじゃなくて、先人に習った上で…みたいな「専門家」としての意見を述べるわけです。

ところが、家康ときたら「そんなんは”青公家(バカにしてる)”のことでしょうね、そういうこともあるでしょうけどー」とかいって。「歌はねー心にまかせて詠めばいいんですよー」みたいな。

まぁどっちが好感度のたかい回答かというとあきらかに後者でありまして。

ということで、中世からの為政者のシステムなり、朝廷文化なりへの尊敬などがいったん、ほぼ完全にリセットされた状態で幕府ははじまり、その後、葵学園でもかいたけど、第六の摂家としての徳川家独特のスリよりが始まるわけでございます。

まぁ、こういうのはそのうちお話できたら、と。

ところが、竹内式部事件
なんて思想弾圧事件が起きてたり、そもそも家康時代には、林羅山がかってに儒学の講義を(本来は帝の許しがえられないと京ではやっていけないのに)やりはじめたり、それを家康が「まぁいいやん」と受け止めてしまったりで、とにかく、ブランドがブランドとして機能しなくなってきたメンがあります。

帝の御所からの公式外出も19世紀くらいになるまで二回あっただけ、それも遊興というより、異人を打ち払ってください!みたいなお願いだったとか。

そういうこういうのを京の庶民は見聞きして、よく知らないなりに、自分のことのようにイヤがるわけですね。

・・・・というようなことが長州びいきに含まれてるようなコトは絶対あるとおもうわけで。

などとツラツラと考えておりました。

今回のドラマでの蛤御門の変は、めっぽう強いヒーローがあらわれ、バッタバッタと敵を斬り倒す史記のハデな時代劇の華・チャンバラの描写とは少し様相がちがって、打ったり、討たれたり、死んだり・・・というわりとコワイかんじが出てまして、たしかにみんな腰を抜かすよね、みたいなことも思いました。

さてさて、しばらくブログを更新しないと、アレですね、八重さんよりキヨモリのほうがいまだに隠然たる人気があるのですなww

八重さんは…その場でソコソコ話題にはなるけど、後に味が残らない作りなのかなーとも思います。


なんか、もうちょっとキャラ力が欲しいところではあります。

あと、今回の大火ですけど、ヨシノブさんのアイデアみたいです。カタモリさんも会津戦争の時に街に火を放たせました。ああいうのって小(?)をすてても大(という名の大義)を取れ、なーんて江戸時代の兵学かなんかで彼らに教え込まれてた作戦なんかなーー・・・。

ちょっと軽率な気もするけど(とくにカタモリさんは)、ヨシノブさんの場合は、京の庶民に長州を匿われたくなかったんでしょうね。桂小五郎みたくゲリラみたいな活動してる人もいましたし。
by horiehiroki | 2013-03-29 19:48 | 大河ドラマ | Comments(0)

うたもゑ刊行情報(4)


発売中の「超 本当にあったまるナマここだけの話」2013年5月号の

最後のページが

カラーで!

うたもゑの広告に!

なっております!

ご確認下さいー♥

e0253932_2113910.jpg


もうすぐ発売の号に、
こうづき先生の装束講習会体験記のルポまんがが載ります……(4月11日発売)

今日はその時の集合写真をいただきました、が、ばっちりぼくだけ眼をつむってますがな(w

e0253932_2142641.jpg

by horiehiroki | 2013-03-25 21:02 | お知らせ | Comments(0)

アートフェア東京2013



追記:来月発売の「月刊美術」に堀江によるアートフェア2013の取材(というか体験)記事が見開きで載ります。アーティストの方との写真なんかも掲載とのことです。体験記事で使われなかった原稿案については、来週くらいにブログに載せていきます!


___________________________________

アートフェア東京2013にお邪魔してきました。21日はプレス用公開日だったのです。




昨年にひきつづきの訪問でしたが、いろんなトレンドの変化を感じました。

詳細については来月の月刊美術に記事を載せられるみたいなので、そこで読んでいただければ・・・と思いますー。

今回は手短に。
アートフェアにいく面白さのひとつに、アーティストさんたちと会えることがあると思います。
それで去年とすごく変化した作風になってる方もおられるんで、現代アートはイキモノだなって思わせられてしかたありませんでした。

たとえば大阪出身在住のチアキコハラさん。

昨年は会場でにこやかに会話しつつ製作をしてる姿と、本人さんはしょこたん似の美人さんなのに、メインで描く女の子キャラがアグリー・プリティーなかんじの・・・ちょっとキモカワ系というか。

しかもその子を「わたしの心の肖像画なんです」とおっしゃったところのギャップが激しく、驚愕のあまり記憶に残ってたんですね。ところが、今年、彼女と彼女の作品に再会したところ、ちょっとビックリ。二度見してしまいました。

e0253932_213832.jpg



・・・アレ?

みたいな。


e0253932_213832.jpg


遠くから見ても、やさしい感じに変わってて、何がどうしたんだろうと。

昨年までの典型的な作例はこちら。会場にも展示がありましたが・・・。

この大変化について伺ったところ、今年はLOVEをテーマにしている、とのこと。

これまでみたいにキャラの女の子が他人から何かをしてもらえることを求める側から、与える側になろうとしてるんだ、とチアキさんおっしゃってました。

作品のタイトルも(詳細合ってないかもですが)「好きになってしまってごめんなさい」とか「もう生まれ変わるのは飽きた」…つまり、好きになるひとが出来て、恋に破れる度、自分を変えようとするんだけど、そういうのにも…っていうような意味が込められてて、一歩先にキャラとして成長したみたいです。

本日は、昨年の大河ドラマ「平清盛」の題字を担当された金澤翔子さんともお話できたし(写真もノリノリでポーズ取って撮影参加していただけたし)、いろんな出逢いがあって楽しかったです。

それから再度のテマエミソですが、3月発売の「月美」の記事で訪問させていただいたギャラリーの方ともお話が出来て、よかったと言ってもらえたことが嬉しかったです。

明日は二日目、一般のお客様にまじって取材してきまーす
by horiehiroki | 2013-03-22 02:08 | 展覧会 | Comments(0)

e0253932_022285.jpg


3月21日発売の月刊美術4月号にて、
「乙女系作家と新米編集者が行く!」と題した
アトリエ訪問&レポート記事が載ってます!

オープンからまだ5年以内の新しいギャラリーを双六式に訪問した第一回。
アートフェア東京もそうですが、日本画、洋画、陶芸、…などの垣根をこえた
「現代アート」としての特集になってます。

東京、いや日本を代表する老舗&名門ギャラリーを訪問したのが第二回。
こちらは春風洞画廊さん、黒田陶苑さんの特集です。

全二回分の一挙掲載です!

テマエミソですがレイアウトからなにから良くできたページだと思うので
手にとってご覧下さい!
by horiehiroki | 2013-03-21 00:09 | お知らせ | Comments(0)

うたもゑ刊行情報(3)

うたもゑ刊行の続報でござる。

>メッセージペーパーの件

ブックファーストコミックランド梅田店
喜久屋書店阿倍野店
紀伊国屋書店コミックハウス32番街店

のみでの配布となりそうです・・・

ぼくの故郷大阪のみで、関東はない!

・・・ということで、関東のみなさんスイマセン。

関東の書店の方も興味あられましたら芳文社までお問い合わせください。

そして販促ポスターがしあがってまいりました!

全部で四種類! じゃーん

e0253932_20432433.jpg


短冊型のポスターもありまーす

e0253932_20434488.jpg


漫画はこういうプロモも華やかでいいですねー。

近いウチに表紙カバーその他の発表もできると思います!
お楽しみにー
__________

今日の東京は異様に暑く、二階の書斎は温室みたいになってます。

桜も満開。すでに散り始めてますな。

桜は潔さのシンボルのようにもなっていますが、じっさいのところは目的(受粉、つまり桜にとっては恋愛)を成就させるまでは、どんなに強い嵐にも負けないで咲き続ける花でもあります。花びらを手でもって引っぱっても散らないくらいに強い花なんですよ・・・


自分はいまだにアゴあたりのニキビが思わしくなくて、髭が剃れずヒゲメンのまま、現在Tシャツいっちょう。
よく思えば、季節の変わり目、こういうことは毎年起きてます。洗顔後に塗ってるローションの類が季節によって合う・合わなくなるっていうことなんですね。肌も春仕様になろうとしてるのかあ。

二階中の窓を開け放ってこれを書いている次第です。

それでは
by horiehiroki | 2013-03-19 20:48 | お知らせ | Comments(0)

「葵学園」を読んでいただき、会津君推し!!ということで森ゆきえ先生にご連絡いただいてたシンガーソングライターの鈴木ミチさん&杉本バッハさんのキャラが出来ました。

ブログすこし拝見しましたが、いまだにある種の風評被害を感じられること、多いそうです。

個人的に会津には親近感があるし、会津といっても広いです。

うちで食べてるお米は基本的に会津産のコシヒカリが多いです。
お店も検査して売ってたりしますし。
会津は信じるに価する「ブランド」だと思いますよ。

_________

大人の事情で、会津君は使えなかったみたいですが・・・残念。
会津君は少年剣士としてイメージを作っていった気がします。
それを森先生がビジュアルにまとめてくださったのでござる。


あと森先生もブログに書いてるけど、ぼくもアートフェアに行くかも。
最近はバタバタの合間に長いこと積ん読になってた専門書を読んでたりします。
by horiehiroki | 2013-03-18 18:54 | お知らせ | Comments(0)


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
うたもゑなどなどの件で先週は八重レビューが飛びましたー。



10回 池田屋事件

11回 守護職を討て!

…でござる。
10回目は…記憶が多少トンでるので、
今回の大河では、新撰組はうさんくさい集団として
描かれてますな。…というコト以外は置いておいて。

11回目。

(ご参考)森先生のレビュー&葵の御紋おにぎりww


※葵の御紋はいわゆる当世風の墓石にも付いてたりするんですが、他の家紋に比べて細工が細かいので、タワシでゴシゴシやると剥がれてきがち。けっこう危険です。


今回の大河は、会津の視点から主に見ていること。
そこに孝明天皇など朝廷上層部の視点をプラスで見ていること。
この二つが興味深いです。
将軍家、ではなく、会津っていうところで、よりニュートラルに見えてくると。
今回は会津は血筋ただしい正義のツワモノってかんじで描かれてます。

そういう彼らの目からみれば、新撰組も忠義とかいいつつ、成り上がろうとしてるだけのうさんくさい集団だし(なにより”素人”武士だから、武士同士にあるべき最低限の礼儀もしらない)、長州はとんでもないし不気味だし、薩摩も信じられないし・・・

となっても致し方がない。




マーくん(@夜行観覧車)は(戦略的)事なかれ主義で、あんまり動いてくれないし

e0253932_2332184.jpg



カタモリさんはゲホゲホいってるし

e0253932_23321871.jpg



で、今回は佐久間象山が自宅にほどちかいところで「(忠義の士をみずから名乗る)尊皇攘夷派の不逞浪士」に殺傷され、しかも家が取り潰しになるという恐ろしい沙汰が下りたり、何が正義なのかすら、誰にも、もうわかんなくなってるという、昏迷具合がすごいですね。

e0253932_23321931.jpg


自らの信じる(政治的)正義を帝の存在といっしょくたにして語ろうとする者たちのうさんくささは昔も今も同じですw


長州も頼んでないのに大量の兵をひきいて京に押し寄せてきて、あげくのはてに「(彦根に帝を移すという計画は象山の死とともに立ち消えだろうし)玉を奪われずにすむ」とかいってて。

彼らが、帝を「玉」扱いしてたのは手紙とかで事実です。まぁ、ドラゴンボールな扱いですよね。手にすれば願いがかなう、的な。

もし、これが薩摩なり長州が主人公の話だと、こういう話はまったく違った風に描かれるんでしょうけどね。

来週は「蛤御門の変」、つまり禁門の変ですけど、この時、すでに10歳くらいになってた将来の明治天皇は深夜、御所に入り込んできた数百人もの不審者を前にパニックに陥り、失神しています。ちょっと話がずれますが、彼明がまさに即位するときに行ったのが、「怨霊」崇徳院を宥めることでした。

流刑地である讃岐にいったままの崇徳院の「御霊」を、京都に戻っていただくという儀式をして、白峯神宮を創建してるんですが、まさにこのタイミングでそれをするのか、と思ってしまいます。

幕府側に崇徳院の霊が付かないように…とか色々な思惑があったといわれますが、色んなコトが彼には怒る崇徳のたたりのように思われてならなかったんでしょうねー。

ちなみに最近色々思ったのが、よく文学とか芝居、ドラマの題材になってる、崇徳の血文字の写経の話。
まぁ、大げさにえがいた保元物語などフィクションで有名になってますが、史実的な根拠といえば、「日記の家」とされる吉田家の人が描いた「吉記」、寿永二年六月だったかの項目に出てくる「くらい」なんだそうです。それいがいに同時代の人の言及がない。

この沈黙をどう読むか。

ま、それ以上にですね、いまだに(諸事バタバタで)僕はこの項目を読めていません(苦笑

崇徳院の遺児が京で居場所を確保するために持ち帰ったとかなんとかいいますが、コレを切り札として使ったのは元・崇徳側近の藤原教長ってひとだろう・・・と。くわしくはリンク先を読んでもらうとして、……まぁ、色んなコトを考えますね。本当に写経は存在したのか? …とか言う人もいます。

それはともかく、とにかく明治帝は崇徳院がこわかった。・・・というかそういう風に思ってしまうほど、京は乱れているし、(誰かにつねに利用だけされている)皇室の存亡の危機を感じずにはいられなかったのがわかります。

そして帝という存在は世俗君主というだけでなく、宗教的な存在でもありますが、教えの中で暮らしてるんでしょうね。その教えは史実であるとか史実でないとかは関係ないんだと。


で、八重に無理矢理話をもどすと、長州藩の詰め所の神社にしのびこむ、町人コスプレの兄様たちがおもしろかった(w

e0253932_23321464.jpg


あと弟の身を気づかう照姫さん。
奥女中さんたちの着物がすごく地味なのは意図したものなんでしょうか?
by horiehiroki | 2013-03-17 23:35 | 大河ドラマ | Comments(0)

うたもゑ刊行情報(2)

■4月11日発売の「まる生」誌(芳文社)にて、前に取材させていただいた有識装束体験レポ漫画が載ります。こうづき先生が書いてくださってます。現在、ラフが完成状態。

■昨日、扉絵のゲラ(サンプルみたいなもの)が送られてきました!

■本日、表紙、帯のゲラが送られてきました! もうすぐ公開できそうです♥
by horiehiroki | 2013-03-17 16:37 | お知らせ | Comments(0)