<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0253932_8434161.jpg

主婦の友社の「mina」2015年1月号に「女子のためのお江戸案内」が紹介されました!
長澤まさみさんの表紙の号です。
minaさんはじめて読みましたが、アートディレクションのクオリティ、高いです。全誌にわたってトータルにクオリティが高い。カワイイです。
雑誌ってやっぱいいよね(^^)


僕は今日から「松下村塾読本」のゲラのチェックの本格的開始です…。1月刊行です…。


※ゲラ=紙面見本


by horiehiroki | 2014-11-23 08:43 | お知らせ | Comments(0)

MAKEPOでコラムが公開されました!
全4回です。

遊女というビジネスの本質(1) - 「遊女」とは?

遊女というビジネスの本質(2) - 遊郭=教育系ビジネスでもあった!?


遊女というビジネスの本質(3) - 源流は、平安時代に遡る


遊女というビジネスの本質(4) - 大きな転換点は、江戸後期


遊女と聞けば、昔の日本の性的サービス業の女性だと思われる方は多いと思います。もちろん、古代からカラダを売ることでお金を得た女性はいました。しかし、「遊女」とは「遊んで暮らす女」、もっというと「風流に遊んで暮らせる、選ばれた女」という意味で、「カラダを売ることでお金を得た女性」とは微妙に、しかし本質的に異なりました。遊女、それはいわば現代日本の芸能人の先駆けのような存在だったのです

それが京都の島原遊郭における「太夫」という最高級クラスの遊女、なんですね。

e0253932_7414577.jpg


古写真から、島原の太夫道中の様子。
色っぽいというよりものすごい格式!

太夫道中?
あれ?とおもうかもですが、花魁道中は江戸・吉原での話。
吉原にも昔は太夫など超高級遊女がいたのですが、諸般の事情で(主に¥的な理由で)廃絶。気位の街・京都だけで太夫は生き残るということになりました。
by horiehiroki | 2014-11-19 07:43 | お知らせ | Comments(0)

e0253932_2092541.jpg


うちの菊が満開です!
先日、ご縁があっていただいたいくつかの器のうち
清水焼に母がいけてみたものです
こうしてみると、印象派の絵画にでてくるよーな
ダリアみたいなイメージ。

そして、そろそろ夜は寒くなってきたので
種を収穫するために玄関に入れている團十郎朝顔なんですが、
いまだに小さな花がチラホラと開きます・・・

e0253932_2092420.jpg


朝顔ってもともと
キク類 Asterids

サツマイモ属 Ipomoea
らしいです

それと関係あるかは不明だけど、この時期に咲く残菊ならぬ
残朝顔は五片くらいに花弁が切れています。
しかも温度の関係か、四八時間くらいひらき続けますね。

外の朝顔は、というと、実はいまだに若紫が小さな蕾をつけて、それが膨らんでいたり。
温度の関係でちゃんと咲くかはともかく本当に生命力が強い。そして息がながいことです!

今週は時間を見繕って、球根植えのシーズンです。
昨年、増加したスイセンなどを植えます。
今年からはニホンズイセンも仲間に増えます。

ネコがいたずらしないように、対策もせねば(^-^:)
by horiehiroki | 2014-11-17 20:16 | 園芸・家事 | Comments(0)

咲き始めた菊

松下村塾関係の本が1月に出るので、その作業で忙しくしています。
途中でテレビの収録のひとが来宅したりしたけど、放送されたのかなー。

とにもかくにも庭の菊が元気です。
今年は菊の蕾が付くのも遅く、また開くのにも時間がかかってる気がしますが、ようやく全色ひらきはじめました!
うれしいですねー。
株分けにチャレンジして、今年から鉢をふやしました。手間は多少かかりましたが、朝顔ほどではないかもw
各色2~3鉢ほどあると、ゴージャスで良いですね!


e0253932_374445.jpg

e0253932_37117.jpg

e0253932_374326.jpg

e0253932_37059.jpg


もともとはスーパーなどの軒先でスプレー菊、小菊として500円までで売られていたものばかりですが、手入れを続けると何年でも生き残って咲き続けてくれているんですよ!


2~3年目をむかえた今年も元気に咲いています。

すべてはポイントは花が終わった後~早春にかけての処理みたいです。

だいたいあれらは一つの鉢に3株くらい寄せ植えしてありますので、もっとも簡単な処置としてはお花が終わった後、新春くらいには3株にばらして植え替えれば、次の秋には3倍楽しめるということになります。手入れ時間も3倍以上ですがw

ためしてみよう!って思う人にご忠告ですが・・・

草丈の小さなという意味の小菊というものは存在しないようです。売られてる状態のはおクスリで身長を制限してる状態のものなんですよねー。

草丈は放置したら株自体が倒れてしまうほど伸びるのが菊の宿命・・・。ヘタすると1㍍は超えますね。

また、植え替えないと2,3年で花が咲かなくなるのは事実みたいです。うちの近所のお庭に植わってる(元・小)菊はここ3年、まったく花自体を付けようともしていませんw

あと身長を伸ばしすぎると手入れしにくくなるのと、花数も少なくなるので、摘心(株の尖端の芽を5㎜ほどハサミで切ること)を、今年は人がいうように3回繰り返しても、制御しきれませんでした(^^:)


おまけは近くのお宅の庭で取れた柿。市販品とくらべると実の量が少なく、種が大きく感じられます、が、甘くて美味しいのです!!

e0253932_374269.jpg

by horiehiroki | 2014-11-07 07:06 | 日々 | Comments(0)