<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コラム公開されました!

Asokoのコラムが更新されました!
世界三大美人のひとりである「小野小町」の伝説から、当時の精力事情を考察しております。 
平安時代の強精食とは・・・?

e0253932_10143984.jpg

画:尾形光琳「小野小町草紙洗図」
by horiehiroki | 2016-09-29 10:15 | 日々 | Comments(0)

fantôme

e0253932_11223233.jpg

やっぱり宇多田ヒカルは天才だなぁ、と。
名実ともに「復帰作」なんですが、彼女の「音楽」はアルバムを出している・出していないに関係なく絶え間なく続き、深化しており、人生そのものが「音楽」な人であることを痛感しました……。
共演してる人たちは椎名林檎以外はぜんぜん知らなかったけれど、新しい才能が日本に生まれて育ってるんだなぁということ。それ以上に「オトナになった」とか「頭でっかちではなく、”肉体的”な音楽になった」との評があるようですし、宇多田さんもそれを喜んでいるようですね。

自分の感想はそれを否定するものではないけど、過去の作品以上に通しで聞いてみると大きな喪失感を感じる……なにかぽっかり穴が空いてしまうかのような、ぜんぶ持っていかれてしまう感じがありました。心臓の鼓動を意識的に摸しているかのような打ち込み音、あるいは楽器音をベースにした曲が多い印象もあるからか、おどろくほどに情念的な音楽たちです。

それは単純に「道」ではじまったのに、「桜流し」で終わってしまう印象ゆえではないですね……。
桜流しはエヴァンゲリオンの劇場版のラストに流れた時から力作だと感じていましたが、アルバムの中に収めて、はじめて価値が分かった気がします。


「道」にせよ「ともだち」にせよ、テレビで実演の映像を見た時、テロップで出る字幕にあまりに月並みさを感じてしまって「?」だったんですが、目で入る情報と耳の情報はまるで「違う」印象でした。
ブログにも貼り付けましたが、当初、アルバムのジャケが公開され、その”ブレてる感じ”とあいまって「どうなってしまうんだろう」とも思ってましたが(たとえば・・・過去の名作「DEEP RIVER」では恐ろしいくらい・・・まるで毛穴までフォーカスされてるほどのハードなフォーカスで撮られてれてました。よほどその時のカメラマン=先夫さんに信頼がなければ出来ない行為ですよね)

音楽劇場(ムジークテアター)という概念が現代音楽にはあるんですが、いわばまさに本作はそれ。
音(と歌詞の響き)だけでここだけ人間の深淵を語りうるのか……ということには驚きました。
by horiehiroki | 2016-09-28 20:14 | 音楽 | Comments(0)

ヒガンバナ

ヒガンバナといえば赤。どなたにも印象深い光景として、この時期、野山に広がる赤いヒガンバナの咲き乱れる妖しくも美しい姿があると思うんですが、実はこのタイプのヒガンバナ、遺伝子上の事故から花は咲いても種ができず、球根で増殖するしかありません(専門的にいうと、遺伝子が三倍体というやつ)


大陸あるいは半島から、九州に持ち込まれた球根がたまたま三倍体の、遺伝子異常をおこした株だったんですねぇ。
それが、歴史の流れの中で広がったと思われますが、旅人がその美しさに見せられ、球根をほりおこしては持って帰り、郷里の土手などに植える…ということを繰り返した結果、日本中に広がることになりました。種はひとつもできないのに……ということで、今、われわれが目にするのは本当に(たぶん)一つの球根から増殖したクローンなんですね。花に顔があるとするなら、みんな同じ顔をしている……はず。
そういうことを本能的に人は察知するのか、いつのまにやら妖しい花として死人花などといわれたりしていますが、実際はすばらしい造形美をもつお花を咲かせる愛すべき植物だと思います。
咲き誇った花は王冠のようですよ。

一方、今回お話しするのは黄色というかオレンジの彼岸花です。実はヒガンバナにもたくさんの園芸品種があります。品種改良なども行われています。
タネもできないのにどうやって園芸品種を作るのか……というと、中国のヒガンバナなどは、花の遺伝情報が正しいので種がつくのでした(園芸品種はコヒガンバナとかいう)。ほかにタネの出来る品種もあります。

これらを掛け合わせていくのですが、種から花を咲かせるのは最低で4,5年ほどはかかり、さらにそれを掛け合わせて新品種を作るとなるとものすごい手間暇・時間がかかることから、園芸品種はあるにはあってもちょっと珍しいものは球根ひとつが数千円以上!!とか、手頃ではない価格がついてしまっております……。

昔、ヨーロッパでチューリップの珍しい品種の球根が黄金と同じレートで売り買いされていたという話も、球根植物の品種改良には膨大な手間暇・時間がかけられているがゆえです。

さて、ぼくもヒガンバナに魅せられてしまって、田舎から球根をいくつかもらってきたり、一昨年くらいから園芸品種の種類も増やしていってます。オレンジ、白、ピンクなどがあります。
野性の赤いヒガンバナに比べ、園芸品種のほうが、まだ人間に「やさしい」のかもしれませんね。
球根を買って次の年に順調に花が咲く可能性が高いという意味で、です。
野性のものは移植を嫌うので、本当に咲いてくれません。気をつけるようになってから、近所のお寺の群生する彼岸花を観察するようになったのですが、まったくもって花が咲くかどうかは花の気分次第のようです。

株……というより、10個~数十個以上の球根が岩のように固まっているのが野性の彼岸花の通常であり、その群生状態で、今年はいくつ花を咲かせるか、あるいはまったく咲かせないかを植物の意思で決めている印象があります。

また花を咲かせる時にも面白いルールがありました。蕾の数はかならず偶数個で、対になって花開きはじめます。このようにフリージアのような蕾がグングンと大きくなり、

e0253932_865268.jpg


花が開いた時もむしろフリージアのような感じ。その中で退化しためしべが、長い反り返ったまつげのように下にむかってアーチを描いて伸びていき、雄しべと花びらが展開しはじめていきます。

e0253932_865868.jpg


完全に開花したら、雄しべのサキの花粉の色が山吹色に変わり、花びらにフリルがつきます。

e0253932_871072.jpg


このように最終的に三対、六個の花が咲きそろっている時間は実は短く、1,2日あればいいほう。

e0253932_872261.jpg


最初に開花した花から次第に衰えはじめ、全体的に花が萎むまでは雨風からガードしたところで1週間あるなしです。ただし咲きそろった時の充実した美しさは比類がありませんでした。黄色というかオレンジの彼岸花は園芸品種ですので、花の直径は25㎝ほどもありましたしね。

気になるのは植えて数年になるのにまったく花がつかない赤い彼岸花たちです。

園芸品種の他の球根植物にくらべて、ずいぶんと気ままな花であることはもう分かってはいるし、今年は他の地域の彼岸花の開花も遅れていると聞いているので、もう少し待ってみますが……。
by horiehiroki | 2016-09-25 08:07 | 園芸・家事 | Comments(0)

コラム、二本公開です!

cakesでの連載、乙女の美術史 日本編の派出所から、第二回・高畠華宵の回が公開されました。

asokoでの連載、真田信繁の記事も本日公開です。



e0253932_14453341.jpg


黄色いヒガンバナも開花が始まりました。
by horiehiroki | 2016-09-12 14:45 | お知らせ | Comments(0)

本当は恐い世界史

e0253932_4513391.jpg


販売開始日:2016年9月30日
出版社:三笠書房
ISBN-10:4837968007
ISBN-13:9784837968009
____________

新作の表紙公開&
発売日決定したようですので
お知らせいたします!

12歳の頃、内親王時代のアントワネットさんに
表紙を飾っていただき幸甚でございます…

e0253932_4554415.jpg


18世紀の西ヨーロッパはある意味「女の時代」でしたが、
高貴であればあるほど
その女の価値は記号的な要素に終止しがちでした。

この美少女時代のアントワネットに
面会して帰国したフランス王国外交官に
ルイ15世が平然と質問した
問題の内容とは(詳しくは本書をご覧下さいw
by horiehiroki | 2016-09-08 10:00 | お知らせ | Comments(0)

9月4日、朝日新聞の朝刊 12面、「福永信が薦める文庫この新刊!」
のコーナーにて「乙女の美術史 日本編(角川文庫)」のレビューを
していただけました! ありがたいですね…。

e0253932_395375.jpg


※地方によって掲載ページが若干ことなる可能性はあります


福永信先生のおっしゃるとおりで、余白に、知識を、あの手、この手でほうりこむ…ということ、この手の文章の書き手として凄く求められているし、大事な気がしています。
美術を本当の意味で「見る」には、まず知識がなくてはいけないというのも事実なんだけど、その知識がなにかは非常に重要。
本当に評価の定まったことのみを、文脈にそって言うだけの権威主義では、21世紀に美術を見る目って育てられない気が……。
この本ではあえて昭和中盤の名物、前衛系アートについてはあんまり触れませんでしたが(ソコが少女漫画について、とかになってる)、そういうのについてはまた時と場所を改めて…。

そして……二回目にしてすでにCAKESで乙女の美術史を、ってたコラム連載が金曜日に掲載されてないようですがw、また進捗あったらここにも書くかもしれません。
by horiehiroki | 2016-09-06 08:08 | お知らせ | Comments(0)

エネオスでんき

エネオスでんき、かなり安いですねー。
ウチの場合ですが、東京電力時代より毎月約3割ほど電気代の請求額が低めです…

電力会社選びにはかなり煩悶して閉口したけど、かなりお得なことになっております。
ただし、ネット上で金額を確認するために必要なIDとパスワードが会社側で決められてしまってる分、その書面を失うとめんどくさいことになりますね。
オペレイターの方が金額を教えてくれたので、それは親切だなと思いました。
by horiehiroki | 2016-09-04 09:27 | 日々 | Comments(0)