<   2017年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0253932_07002377.jpg
ピントがうまく合いませんでしたが…昨年の花後から
だんだん元気がなくなり、
夏前に枯れかけた啓翁桜。
植え替えを敢行したところ、
なんとか生き残り、
今年も花を付けています。
「天使がお前を見捨てなかったのね」って
桜の園のセリフを少し思い出したり

e0253932_07000270.jpg
今年最後(?)の品種(菊)の開花が始まりました。
冬菊と聞いてたけれど、もはや桃の節供目前です…
昨年、株で購入して挿し芽してどんどん増やせた「黒騎士」という品種。
挿し芽はつきやすくて増えやすく、しかも丈は大きくならない点で優秀でした。
病害虫にも強い。しかし…開花しないかな、と思ってたところ、
数日前から開き始めたという次第です。
一般的にツボミが開き始めた時がいちばん濃い色なので
このカラーだとエンジに近いですよね
黒騎士とはいえ、”黒菊”というのとは違うのかな??



by horiehiroki | 2017-02-28 15:58 | 園芸・家事 | Comments(0)

春の花、フリージア…

e0253932_11125801.jpg
※画像は昨年


切り花でもよく見かけますし、よい香り、清楚な姿は魅力的です。
しかしその割にフリージア、あまり育ててるところを見ることは少ない気がしませんか?
個人的な見解では、フリージア、花が咲くまでの草姿に難が出やすいからだと思います。
ゴローンと株が寝転んでしまいガチ。もしくは、あちこち、乱杭歯みたいになってしまって
美しくないのでした。
株の数が多いため、支柱を立てるわけにもいきにくいのです。
自分も苦労していましたが、フリージアはもともと亡き父が愛していた花ということもありまして。
40年以上前の八丈島に父母が旅行したときの記憶では、
花の収穫が終わった後の畑にいくと、「ご自由にどうぞ」という看板と
ともに袋とスコップが置いてあり、球根を持ち帰り放題だったとのこと。
大阪の家でしばらく育てていたそうですが、いつの間にか咲かなくなった、とのことでしたが……。

しかしそのイメージをもってフリージアを育てはじめた時、
まっすぐ植えたのに、まっすぐ立ってられないほど思い思いの方向に
グニャグニャになってしまってる、
あまりの”行儀悪さ”にがっかりさせらていました。

昨年くらいから、プランター栽培をあきらめ、
18センチ鉢にわりとツメツメに球根を植え付けることにしました。

植え付の時点で球根を害さないように気をつけながら、球根と球根の
スキマにアサガオ用の円形支柱を差してしまうんです。

e0253932_10494021.jpg
ほとんどの株は、ご覧の通り、寝っ転がらずにきちんと
(比較的)行儀よくしてくれています
11月末くらいに球根を植えて今日、はじめて葉っぱをいじりましたが、
それまでまったく手間いらずでした。

ポイントはプランターではなく、18センチ鉢と、植え付け時からアサガオの支柱を使うこと。

なお東京くらいの冬の気温であれば、最低気温0度以下がずーーーっと続いている時期以外は
外に置きっぱなしでOKのようです。

0度を下回るとよくないというような記事を読んだこともあるのですが、
多少、葉っぱがシモヤケ(画像でいう赤っぽいやつ)を起こしたところで、全体としては被害ないようです。

大雪が降る!というときだけ、ダンボールの箱の中に入れるなり、軒下などに移動させれば十分かな、と。

そこまで太陽光に晒される環境ではなくてもちゃんと4月には咲きますし、病害虫がすくない冬に大きくなるので、ケアも楽。
桜が終わった4月中旬~後半くらいに咲く印象なんですが、夜明けや黄昏どきの光にとけこむようにして朝やかな色の花々が咲き乱れ、
ドアや窓をあけるとよい香りがしてハッとなるときのシアワセさは例えようもありません。
また、いくらでも増えてたくさん花も付けるので、ガラスの花瓶にさして楽しめます。

e0253932_11134637.jpg
※画像は昨年



球根もフツーに育ててるだけでも大きくなりやすく、
数も増えやすく、年を重ねるごとに花数も増え、好調になっていっています。
ズボラさんにもぜひオススメしたい植物です。

ウチでは、黄色>紫>>白
の順番に球根増加率が高いです。白は今年がんばってるので昨年よりもたくさん増えるかな…

昨年から、赤とピンクも加えましたが、こっちはちょっと調子悪め。来年につなげようかと。


いちど八丈島にいってみたいものです。父は白いフリージアをとくに好きだったとのこと。


by horiehiroki | 2017-02-26 11:04 | 園芸・家事 | Comments(0)

弥生10、WIN10に入ったw

弥生会計10、WIN10に入りましたあ

e0253932_09164165.png
(引用:GUのくまさんスタンプ←これめっちゃかわいい)

最初は動いてたんですが、
パソコン新調後、わずか半年にして
WIN10自体の動作不具合でOS再インストールさせられた後、
「なぜか」導入できなくなったんです。弥生。

その後、OFFICE2003が動きにくくなるなど、不具合に見舞われ続けてました。
ところが、先日、OFFICE 2003用の修正ファイル「KB907417」を手動で導入した後
(自動UPDATE対象になるが、自動ではWIN10には入ってくれないという例のアレ)
弥生10のインストールを試してみたら…なんということでしょう!
これまでは途中で「ファイル◎◎が足りません」的なアラートが出て続行できなかったというのに
弥生10、すんなりwin10に入ってくれましたとさ。
OS変えたらソフトも変えなきゃ!みたいなオトナの事情と徹底抗戦したい方はお試しください。

ちなみに、この手の古いソフト類を
WIN10で動かしてる方は
民間のソフト(名指しは避けます)で、
内部のお掃除(たとえば不要ファイル除去、レジストリークリーンなど)
しないほうがいいです。OFFICEの修正プログラムがケシとんで
不具合が出たりしました。

まったく関係ないですが、画像は昨年、種から育てたトマトの苗。昨日、演奏会から帰って、土に種を植えました
e0253932_8121663.jpg

今年は……なんか失敗しそうw

by horiehiroki | 2017-02-24 08:21 | 日々 | Comments(0)

現在発売中?の「週刊女性」3月7日号、
「実はトンでもなかった歴史の真実」という記事で
わたしは世界史のウラ話をちょいちょいとお話させていただいております!
e0253932_3362736.jpg

よろしくお願いいたします
by horiehiroki | 2017-02-23 08:37 | お知らせ | Comments(0)

クレマチス

e0253932_3472965.jpg


昨年から育てているクレマチスの新芽がもう膨らんできているのです…ネコの手みたいな形。

品種名はジョゼフィーヌです。
菊とおなじく、そこまで太陽光がすきでもなさそうなので、日陰もふくむウチの植栽スペースじゅうに這わせるのが夢です、が、どうなることか。ことしは株分けにもチャレンジしたいものです。

冬の間に枯れた枝を剪定しなさい、とか記事を読むのですが、どれが枯れてるのか、枯れてないのかわからずじまい…。
茎をよくみると、生きている茎は黄土色で、枯れた茎(など)は真っ茶色でした(写真も参考のこと)。いずれにしても折れやすいので扱いが怖いんですが。

芽が動いていない部分=あきらかに枯れている部分なので、そこは切って多少、コンパクトにしてみました。
クレマチスはかならず、左右対称に芽がついてくるんですが、どちらかがかならず先に大きくなってるんですねぇ。不思議。
by horiehiroki | 2017-02-23 03:47 | 園芸・家事 | Comments(0)

菊の冬至芽のケア

菊は多年草なので、花が終わる頃、株の根本あたりに
来年用の新芽を出してきます。それが冬至以降のことが多いため、冬至芽と通称されています。

親株を除去した後の写真でスイマセン。


e0253932_15203645.jpg


▲こういう感じで、ポツポツでてきているのがわかりますか?
このように離れてポツポツでてきた芽は、もう少し大きくなったら、バラして、一株ずつ独立させて育てることができます。18センチ鉢に一株、と書いてある本やサイトが多いですが、育ててみて、あまり横には大きくならなかったという記憶のある品種は18センチ鉢に2,3個入れてもいいと思います。


e0253932_15235182.jpg


▲これは嵯峨菊の例なんですが…
品種によっては、親株の途中から、新芽が、茎にくっついてワラワラと出てきてしまう場合があります。こういう場合は古株をできるだけ除去してしまい、新しい新芽の生え際をできるだけ土に埋められるように調整してみます。地植えにする場合は深く穴を掘ればいいし、鉢植えにする場合は、根は多少ならカットしてもいいです。菊は強いので、いくらでも再生してくれます……。ちなみに土に埋めた場合、茎だった部分も根に変わるようです。そういう性質があるので、挿し芽の成功確率が高いと言われています。


さて、どういうタイプにせよ、菊の冬至芽=来年用の芽…なのですが、株の気分次第でどこに生えてくるかわからないことがわかっていただけたと思います。

e0253932_1582491.jpg


▲ こういう風に、さらにわかりにくーい生え方をしてきてる場合があります。

これは株の根元と合体してしまったタイプの生え方です。
見分け方は茎の色。茶色ではない、まだ木質化していないのが冬至芽です。
古い木質化した茎の部分を注意深く切ってしまいましょう。

古い株があると、冬至芽の成長にも影響してきますし、一番やばいのは、古い株は病気になりやすいこと。冬至芽の健康もあやしくなるので、花が終わり、冬至芽がある程度以上の大きさにしげっている場合は、早くカットしてしまいましょう!

e0253932_1582923.jpg


▲ カット例です。

ほかにも、よい状態じゃない株をなんとか復活させるための力業があるんですが、また時期をみてお話をしますね。
by horiehiroki | 2017-02-22 15:15 | 園芸・家事 | Comments(0)

5年前

e0253932_1441348.jpg


5年前らしい…

さかさまに行かぬ年月よ。
by horiehiroki | 2017-02-22 14:41 | 日々 | Comments(0)

赤アイコが発根しはじめました。

↓拡大
e0253932_10365396.jpg



また、この赤アイコの写真を撮った数時間前には発根してなかった、
紫(トスカーナバイオレット)の種からも根が生え始めていました。紫ってなんとなく弱そうに思えるかもしれませんが、発根率も成長率も抜群に高いのでした。
茶(ショコラ)も、種の膨らみ方から見て、もうすぐでしょう。
黃アイコがなーんとなく怪しげ……。頑張って欲しいけど。
アイコはけっこう種の数が少ないので、もっとがんばって保存しておかなきゃ。


根が出てしばらくしたら芽が出て来るので、そこから光を当てはじめます。
日光が足りないとヒョロリーとした苗になり、そうなるとずっとリカバーが
できないのです…。
by horiehiroki | 2017-02-21 10:40 | 園芸・家事 | Comments(0)

確定申告。すでに提出してきましたけど、今年「も」、かなりめんどくさかったです。
いつからルーティンで、流れ作業で出来るようになるんだろうか。毎年、頭痛の種が複数うきあがってきます。

昨年は節税対策大失敗したので、今年はがんばりました。が、そのぶん、死ぬほどめんどくさったです。最善は無理でも出来ることはやりぬくのをモットーに生きていますが、こんなのもう何年も続けられない!というくらいに負担を感じました。


◎あたらしい経費の申告の方法をわすれて死にそうだった

昨年から、自宅件事務所の不動産のローン支払利子や
支払った固定資産税の一部を経費化する方法を習って実行しましたが
やりかたを一年後には忘れていたのと、忙しくてメモがテキトーだったので
苦労した点。


◎マイナンバー関連が通年で、めんどくさすぎた


さらにマイナンバー関係。
さんざんコジれておりました。

確定申告始まる前から、大変さははじまってました。
支払調書を送るには、マイナンバー提出が義務付けられたとかなんとかで
昨年はホント、何社に送らさせられたことか。

某ライターさんにはまったくどこにも提出してない!って猛者もいました。

支払調書って、実は確定申告には必須ではないんですよね。

会社から送られてくる振込調書、もしくはこちらから送った請求書の控えがあり
入金の数字が合ってさえいれば(通帳で。でもぶっちゃけ数字が合ってないことがあるんで、特にはじめての取引先からの入金はしっかり確認してくださいね!)、それだけで大丈夫ではあるんですが。


まぁ、自分がつかってる弥生会計(古いバージョンしか知らないけど)は、ちょっと触っただけで、数字がズレてしまいがちなんで、とにかく正しい数字が入力できているか。保持されているかを確かめないとダメなんですけどね~。

そういうこういうで支払調書、あればあったほうがいいんですけど

特に要注意なのが、入金が毎月ある取引先! 記入が多ければ多いほどミスの可能性も増えるんです。経費ならともかく、収入額を間違えると大事につながりかねないのが怖いところ。

そもそもマイナンバー提出求めてくるのはいいんだけど、受取連絡一切きた記憶ないですし、一体なにこれ、みたいなのは正直感じております。現場の混乱いちぢじるしいですね。


話がズレましたが、確定申告の用紙にもマイナンバー通知書の控えと住基カードのコピー添付などが求められてあったし、専従業者として働いてる親の分も登録させられたりなんだったり(でも数字は見えないようになってるという。アレって一体誰得なんでしょうか)。

さらに一定額以上の収入が専従業者としてある人には、税務署とはべつに区役所(市役所)から税金関係の書類が送られてくるんですが、ここにも本人のマイナンバーカードや、代理人(つまり私)の個人情報のコピーが必要とか。

これ、毎年、続かせるつもりなんでしょうかねー。めんどくさい制度ですねぇ。


◎電子書籍関係が…正直、しんどい

たぶん、犯人は電子書籍関係なんだと思います。
◎マン以上にならないと入金しません!てところもあるんですが、親切なところは、毎月入れてくれます。毎月、何万円レベルで入ってくれるとプチ増刷?を繰り返してるようなもので、ありがたいとはおもうんです、が。
一度に万超えの入金は珍しく、ヘタすると数百円~数千円。ほんと定期貯金に利子がつくような感じでチョロチョロと入ってくる。でも、それからキッッチリ消費税、源泉税が抜かれていて、それをキッッチリわたしも記載せねばならない……という恐ろしい感じになってるのがミソ。記帳が増えれば増えるほどミスは増えるので、ハッキリいって死にそうでした。
今回は取引先が30社にも上り、まぁーーーーー……想像を絶するしんどさでしたねw


◎医療控除がしんどかった

2016年は家族が老眼手術したり、自分も原因不明の歯痛や頭痛みまわれたりで(結局、鼻~耳あたりの炎症)、通院してましたので、ホントに額がでかかった。それも何軒にもわたってるので……医療控除の準備に殺されました。毎月データは入力して、積み立てていってたんですが、ソレが何故か数字が全部合わないという。もっとラクに控除申請可能にしてほしいです。


◎WINDOWSがめんどくさかった

たぶん5年くらいしか(?)使ってなかったパソコンがおそらく電源関係で壊れました。ハードディスクは健全だったので新しいパソコンに入れ替えましたが、これがまた折悪く、WINDOWS10のリリース時期にあたっていたという。
古いソフトが使えなくなったり(それも最初は使えてたのに、強制UPDATEされるうちに無理になったり)、いろんな支障があり、その中に弥生会計やWINDOWS OFFICEの古いバージョンも含まれていた、という。

ホント、パソコンが好きな人と、「そうではない人」に顧客の求めているモノに大きな違いがあるという現実をマイクロソフトの人は認められないんですかね。
「そうではない人」は、パソコンを起動させた時の見た目、操作性、その他に変更があることは、おもしろさ、たのしさ、ではなくストレスでしかないんですけどね~。


そもそもWIN10。問題だらけです。休止状態から勝手に復帰させないで。UPDATE頻繁にありすぎ。しかもその状態で、コッチが設定したいろんな状態をデフォルトに戻さないで。

機能やサービスの押しつけがすさまじいの、いいかげんにして。

スタートメニューおしても地域の天気予報や芸能情報が表示されたり(スマホで十分)、電話、FAX(誰がデスクトップパソコンからしますの……)、という便利さのつもりが不便きわまりないメニューにくわえ、XBOX(ゲームしない)、SIRIならぬCORTANAの出現、などなどなどなど。

不満しかない。

不必要機能がどっさり初期搭載されておりまして……。
それらがハードディスクの容量圧迫するのみならず、それらを動かすための無駄な機構がやまほど搭載されておりまして。
そのためにメモリーまで大幅にくわれて、デフォルトだと動きがちょーもっさり。


いらんがな、という話の一言。

けっきょく、それらは一括削除、
スタートボタンおしたら色々出てくるのもうっとおしく感じられたので、メニュー画面をクラシック表示にできるソフトを導入……とか、WIN10のエンジニアのみなはんががんばったことは、すくなくとも私にとっては完全に無意味でした。
やらないことをやらかされてドヤ顔されてるというか、こういう横暴ってホントにやめてほしい。


のみならず、これまた毎回のようにバージョンが変わるたびに操作性、インターフェイスが大幅にかわるWORD。
いい加減にして、と思ってきました…。

めんどくさいのでえんえんとOFFICE2003を使ってきましたが、今回はいくらか料金上乗せでDELLに付属させられる、っていう約束で、OFFICE2016?かなんかの権利を買ったんです(西暦をソフト名につけてもらっても、自分のバージョンが何時のだか、さほど愛着などないので、わかんないすわな。ジェーンとかメアリーとか台風みたいな名前にすればいいのに)

でもバタバタしてるうちに、紙切れ一枚が入ってたのをどこかにしまって、どこにしまったかの記憶を失ってしまった。

最初はDELL,次はマイクロソフトに問い合わせたけど、けっきょく、時間だけとらされたあげくに
「新しいのをバカなお前は買え」
って1年使用ごとに1万円とかのリース料を請求されるというクラウド型なるなんちゃらを
押し付けられましたw


しかもね、その相談チャットにはIDを作れ、だの、チャットの回答が出るまで5分まて、とかいわれて。液晶画面みてるのも馬鹿らしいので、横で違うことをしてて、液晶の前に戻ったら、チャットは終了しました!!!
って画面だけがポツーンと出ているという。

元の画面に戻る、なんて選択ボタンもなく、そもそもどういう案内がなされてたかすら、その時点ではわからないというね・・・徹底的に顧客目線0、
マイクロソフトってホントにダメな会社。

e0253932_3453216.jpg



OFFICE2003、いろいろ工夫したらWIN10でも使えるらしいので、使えるだけ使います、が、今回の対応であきれはてました。

本気で使いにくい。権利を声高に主張するだけで、ほんとにうっとおしい。だいたい自分で買ったソフトなのに、別のパソコンに搭載させようとしたくらいで、最後の最後で、嫌がらせのようにお前の使える権利はもう数がたりねーんだよ、みたいに怒られないといけないのという(WORD2010だっけ)。嫌がらせしかできないのか、という。

もーねー、ほんとダメ
パソコンに付属してるヤツ以外、マイクロソフトの商品は排除でいこうと思います。
別のOSも考えますが、まぁ……ねぇ。

OFFICE2003が使えなくなったら、その時点でわたしは作家廃業します。アホらしくてやってらんなーいという感じ。


東芝もそうですが、もう新しいから、といって「製品」が売れる時代は終わりました。いいかげん、頭切り替えてほしいし、世界中のパソコンがWIN10に変わっています!って強制的にアップデートはじめさせたり(そもそもWIN10に変わっても勝手に電源入ってたり、アップデートはじまっちゃうのがデフォルトだったり、もうユーザーの自由ってものが、想定すらされてないんですかね。勝手にはじまらずに、どーして、この更新が、いま、必要なのか、というのを知らせる一言メッセージも出せないんだろうと思いますが)。

WIN10ってどれだけモニターにテストさせたのか聞きたいし、アレを「感覚的に分かるやろ」って本気で思ってるなら、頭がおかしいですよ。うん。
私、最近、あるサイトの内容・サービスの方向性のアドバイザー職なんかもやってるけど、WIN10ってこれまでつかったOSの中でもっとも点数低いし、0点です。とてもじゃないが世の中に出せるレベルになってない。


製品の進歩=夢の増加、とかいう神話が生きてる時代ではないですね。
パソコンはいくらメイカーが横暴を重ねても、仕方ないので奴隷化されてる人民はついてきます、が、選択の自由のあるハード製品は厳しいと思います。
あたらしいハードにもう夢を見る人は家電オタクとか、メイカーの社員以外にいないんです。いらない新しさを押し付けるのはやめていただきたい。





ちなみにDELLのパソコンは3代目かな。

2006?~2010 初代。XP。

※作家デビューの前から、大学時代から住んでいた家で購入、その後も長く使っていた記憶。
※薄型タワーとかいう。そのぶん、排気がちょーうるさい。発熱がすごくて夏場はたいへんだった。


2010~2016.4 二代目. WIN7。

※XPSシリーズ。
※11年の震災時、まだ購入一年もたってないハズなのに棚からオチたことに衝撃をうけたのでそれくらいでしょう。外箱しか壊れなかったので丈夫だった。
※不動産購入、その他もろもろ、人生イベントを共にした存在
※15年夏頃から異音など不調気味で手間がかかった。16年4月、回復していたように見えたが、突然、電源が落ちるようになった。新しいパソを買った直後、死亡。ついでに初代のDELLパソコンもこの時、なぜか同時に死亡、通電しなくなった



2016.4~ 三代目
※同じシリーズのパソなのに、二代目に増設したメモリ使えず。
※OFFICE2013、権利だけ買っただけで不使用のまま。
※「工夫」はできた。二代目のハードディスクを増設できたり、そういうのは便利だった。
※WIN7で使いたかった。

うーーーん。パソコン、長持ちしてない気がしてたけど、してる気もしますねw

by horiehiroki | 2017-02-20 03:21 | 確定申告 | Comments(0)

トマトの仕込み

トマトの種の仕込みに入りました。
発芽温度が高めなのですが、春になってからだと間に合わないというアレなので
真冬のウチになんとかしなければならないのが(多少は)難しいところ

昨年から、種を取って、それから株を作るようにしてるんですが、
すくなくとも自分がそだてているトマトは発芽条件さえ整えば、ほぼ100%、発根・発芽しますね。

育てているトマトは

赤アイコ
黃アイコ
トスカーナバイオレット
ショコラ
などです。

発根・発芽条件は

たぶん20度程度の環境
適度な水分
うすぐらさ
の中に何日かあること…です。

プラ容器(アサガオなどと使い回し)を培養ポットにしています。


上手いこと種のしこみが成功したら
24~48時間以内には
↓みたいな見た目になるかと思います

e0253932_238240.jpg


種のハシが尖ってきているのは、根です。
たぶん数日内には根が数ミリ~伸びてくるでしょう。

実はトマト栽培は株作りが一番腕の見せどころだそうで、
たしかに”変な形”になっちゃった株は、その後の成績も悪目でした
(トマトも見た目が9割)

卵パックに土をいれて、そこで大きくするっていうテクもありますが、
培養ポットの中である程度育ててから、
一番小さな園芸ポットに直植えしたほうがよさそう。

というのも、卵パックから大きめの園芸ポット(9センチとか12センチとか)に
植え替える時に、スプーンで土ごと株をすくうんですが、この工程を
はぶくため、でもあります。
小さいときに根を傷つけるようなことは、
株の将来に大きな影響を与えてしまいがちですので!

その後は、なるべく光があたる場所に置いておくこと…ですかねぇ。

トスカーナバイオレット(紫)やショコラ(茶)はあまり変わりがないようでしたが
アイコは、プロが育てた「強い株」を買ってきたほうが、種から育てるよりも
優秀な生育実績がのこせるような気もします。
どうせ趣味の園芸なんで、そこまで作高にはこだわりませんが、どうせなら強くていっぱいなるほうが同じ世話をしているモノとしては楽しいので。

いずれにせよ、昨年はあまりに高温多湿の時期がながく、植物類には毒でした。

今年は自家製株とプロの株を比べてみようかな、とも思ってたりしております。
by horiehiroki | 2017-02-20 02:51 | 園芸・家事 | Comments(0)