キクの開花(2017-1)

キクにとって大事な時期に忙しく、世話があまり出来なかった今年ですが
開花が始まりました。

e0253932_11364297.jpg

▲ ダンテ(レッド)
e0253932_11364394.jpg

▲ カルロス・ティエラ
e0253932_11364367.jpg

▲ ジジ(イエロー)
e0253932_11364361.jpg

▲ ジジ(ピンクホワイト)
e0253932_11364152.jpg

▲グリーン・ティエラ

今年の気づき&お世話

・真夏はむしろ半日陰に置いておいたほうがいい(葉が焼ける)
・9月中旬には日当たりのよい場所に移動しないと、開花が遅れ、その後に影響する
・9月~10月の台風の後、気温が上がると害虫の類が増えるので、粛清は徹底的に(とくに要注意は食害してくるイモムシ系。最悪。オススメはハサミでミンチにすること)

・雨が多いと根腐れが危惧されたので4.5日以上の雨降りが続く場合は、軒下に全面的に移動。菊はそこそこ水を吸うように見えるかもしれませんが土が乾いてもいないのに習慣的に水をやっていると根腐れしてしまいます。

これはアドバイスですが、9-10月頃、お店に花付きのキクの苗が並びますよね。
色んな種類が安価に手に入るチャンスではあるのですが…
この手の花付きの株は実は体調を崩しているか、それ寸前のものが多いです。
まず、農家の超絶テクニックによって、本来ならこの株の大きさならダメだろうというようなくらいに花を付けたりさせている点で、株が実は弱っている。
お店(とくにホムセンなど)では、朝晩、ビャーってシャワーをかける用に水を撒かれており、根腐れ寸前に追い込まれている

以上の理由で、購入からしばらくは水をやらずに様子を見たほうが良いかもしれません。それでも花が萎れてしまう場合も。
蕾が全部咲ききらなくても枯れないだけマシだと思って、来年に命をつないでやることを優先してください。翌年、その菊の本来の良さでちゃんと咲いてくれます(そこまで厳密にお世話しなくても
# by horiehiroki | 2017-11-15 11:38 | 園芸・家事

一個人 2017年12月号

11月10日発売の「一個人」(2017年12月号)に寄稿させていただきました。

e0253932_10593028.jpg


「10人の幕末美女、その生涯」というコラムの企画の監修と原稿書きです。

e0253932_1112561.jpg

e0253932_1112635.jpg


ホリエ先生による独断と偏見の人生講評つき。
でもね、マツコさんの人生への講評=作家の意見で
私個人の意見というのでもない、かも、です

条件がいい人=好きな人
になれるわけもなく、
条件がいい人=あなたを幸せにする人
というわけでもなく。

というか、好きな人見つけることが一つの幸せであって
それが世間的な幸せと合致するかどうかなんて、……
ねぇ?
としかいいようがない。

※個人の感想です
# by horiehiroki | 2017-11-15 11:04 | お知らせ

怖い世界史 第六刷

e0253932_10475235.jpg


「本当は怖い世界史」の第六刷が出ることになりました(画像右)
ありがとうございます!
来年あたりに、怖い世界史の続篇を出しましょうかというような
ハナシをしていたところなのでタイムリーで嬉しいです。

告知ばっかりに最近なってしまってるこのブログですが、
閑話休題で、今朝に満開になった洋菊「ダンテ」のオレンジの写真を…

e0253932_10474033.jpg

# by horiehiroki | 2017-11-15 10:49 | お知らせ

怖い日本史・第三刷

e0253932_01152632.jpg
怖い日本史の第三刷が出ることになりました。(^^)
発売一ヶ月内に二回も増刷してうれしいです


ついで、というとナンですが
↓はこの前、お店で見つけて衝動買いしたキクです。品種名は確実に別にあるんですが、上からルイ、フィリップ(手前)、アンヌということにしましたw
ルイ14世の本を読んでるので…

e0253932_01170093.jpg
e0253932_01173844.jpg
e0253932_01175485.jpg



# by horiehiroki | 2017-10-31 01:14 | お知らせ

e0253932_07444904.jpg
「ダッチェス・オブ・エジンバラ」、秋にも開いてくれました。
こういう二度咲きの品種、いいですよね。
数も少ないし、夏前に咲いた二番花よりも小さいけれど嬉しいものです


# by horiehiroki | 2017-10-28 07:51 | 園芸・家事