春の花、フリージア…

e0253932_11125801.jpg
※画像は昨年


切り花でもよく見かけますし、よい香り、清楚な姿は魅力的です。
しかしその割にフリージア、あまり育ててるところを見ることは少ない気がしませんか?
個人的な見解では、フリージア、花が咲くまでの草姿に難が出やすいからだと思います。
ゴローンと株が寝転んでしまいガチ。もしくは、あちこち、乱杭歯みたいになってしまって
美しくないのでした。
株の数が多いため、支柱を立てるわけにもいきにくいのです。
自分も苦労していましたが、フリージアはもともと亡き父が愛していた花ということもありまして。
40年以上前の八丈島に父母が旅行したときの記憶では、
花の収穫が終わった後の畑にいくと、「ご自由にどうぞ」という看板と
ともに袋とスコップが置いてあり、球根を持ち帰り放題だったとのこと。
大阪の家でしばらく育てていたそうですが、いつの間にか咲かなくなった、とのことでしたが……。

しかしそのイメージをもってフリージアを育てはじめた時、
まっすぐ植えたのに、まっすぐ立ってられないほど思い思いの方向に
グニャグニャになってしまってる、
あまりの”行儀悪さ”にがっかりさせらていました。

昨年くらいから、プランター栽培をあきらめ、
18センチ鉢にわりとツメツメに球根を植え付けることにしました。

植え付の時点で球根を害さないように気をつけながら、球根と球根の
スキマにアサガオ用の円形支柱を差してしまうんです。

e0253932_10494021.jpg
ほとんどの株は、ご覧の通り、寝っ転がらずにきちんと
(比較的)行儀よくしてくれています
11月末くらいに球根を植えて今日、はじめて葉っぱをいじりましたが、
それまでまったく手間いらずでした。

ポイントはプランターではなく、18センチ鉢と、植え付け時からアサガオの支柱を使うこと。

なお東京くらいの冬の気温であれば、最低気温0度以下がずーーーっと続いている時期以外は
外に置きっぱなしでOKのようです。

0度を下回るとよくないというような記事を読んだこともあるのですが、
多少、葉っぱがシモヤケ(画像でいう赤っぽいやつ)を起こしたところで、全体としては被害ないようです。

大雪が降る!というときだけ、ダンボールの箱の中に入れるなり、軒下などに移動させれば十分かな、と。

そこまで太陽光に晒される環境ではなくてもちゃんと4月には咲きますし、病害虫がすくない冬に大きくなるので、ケアも楽。
桜が終わった4月中旬~後半くらいに咲く印象なんですが、夜明けや黄昏どきの光にとけこむようにして朝やかな色の花々が咲き乱れ、
ドアや窓をあけるとよい香りがしてハッとなるときのシアワセさは例えようもありません。
また、いくらでも増えてたくさん花も付けるので、ガラスの花瓶にさして楽しめます。

e0253932_11134637.jpg
※画像は昨年



球根もフツーに育ててるだけでも大きくなりやすく、
数も増えやすく、年を重ねるごとに花数も増え、好調になっていっています。
ズボラさんにもぜひオススメしたい植物です。

ウチでは、黄色>紫>>白
の順番に球根増加率が高いです。白は今年がんばってるので昨年よりもたくさん増えるかな…

昨年から、赤とピンクも加えましたが、こっちはちょっと調子悪め。来年につなげようかと。


いちど八丈島にいってみたいものです。父は白いフリージアをとくに好きだったとのこと。


# by horiehiroki | 2017-02-26 11:04 | 園芸・家事 | Comments(0)

弥生10、WIN10に入ったw

弥生会計10、WIN10に入りましたあ

e0253932_09164165.png
(引用:GUのくまさんスタンプ←これめっちゃかわいい)

最初は動いてたんですが、
パソコン新調後、わずか半年にして
WIN10自体の動作不具合でOS再インストールさせられた後、
「なぜか」導入できなくなったんです。弥生。

その後、OFFICE2003が動きにくくなるなど、不具合に見舞われ続けてました。
ところが、先日、OFFICE 2003用の修正ファイル「KB907417」を手動で導入した後
(自動UPDATE対象になるが、自動ではWIN10には入ってくれないという例のアレ)
弥生10のインストールを試してみたら…なんということでしょう!
これまでは途中で「ファイル◎◎が足りません」的なアラートが出て続行できなかったというのに
弥生10、すんなりwin10に入ってくれましたとさ。
OS変えたらソフトも変えなきゃ!みたいなオトナの事情と徹底抗戦したい方はお試しください。

ちなみに、この手の古いソフト類を
WIN10で動かしてる方は
民間のソフト(名指しは避けます)で、
内部のお掃除(たとえば不要ファイル除去、レジストリークリーンなど)
しないほうがいいです。OFFICEの修正プログラムがケシとんで
不具合が出たりしました。

まったく関係ないですが、画像は昨年、種から育てたトマトの苗。昨日、演奏会から帰って、土に種を植えました
e0253932_8121663.jpg

今年は……なんか失敗しそうw

# by horiehiroki | 2017-02-24 08:21 | 日々 | Comments(0)

現在発売中?の「週刊女性」3月7日号、
「実はトンでもなかった歴史の真実」という記事で
わたしは世界史のウラ話をちょいちょいとお話させていただいております!
e0253932_3362736.jpg

よろしくお願いいたします
# by horiehiroki | 2017-02-23 08:37 | お知らせ | Comments(0)

クレマチス

e0253932_3472965.jpg


昨年から育てているクレマチスの新芽がもう膨らんできているのです…ネコの手みたいな形。

品種名はジョゼフィーヌです。
菊とおなじく、そこまで太陽光がすきでもなさそうなので、日陰もふくむウチの植栽スペースじゅうに這わせるのが夢です、が、どうなることか。ことしは株分けにもチャレンジしたいものです。

冬の間に枯れた枝を剪定しなさい、とか記事を読むのですが、どれが枯れてるのか、枯れてないのかわからずじまい…。
茎をよくみると、生きている茎は黄土色で、枯れた茎(など)は真っ茶色でした(写真も参考のこと)。いずれにしても折れやすいので扱いが怖いんですが。

芽が動いていない部分=あきらかに枯れている部分なので、そこは切って多少、コンパクトにしてみました。
クレマチスはかならず、左右対称に芽がついてくるんですが、どちらかがかならず先に大きくなってるんですねぇ。不思議。
# by horiehiroki | 2017-02-23 03:47 | 園芸・家事 | Comments(0)

菊の冬至芽のケア

菊は多年草なので、花が終わる頃、株の根本あたりに
来年用の新芽を出してきます。それが冬至以降のことが多いため、冬至芽と通称されています。

親株を除去した後の写真でスイマセン。


e0253932_15203645.jpg


▲こういう感じで、ポツポツでてきているのがわかりますか?
このように離れてポツポツでてきた芽は、もう少し大きくなったら、バラして、一株ずつ独立させて育てることができます。18センチ鉢に一株、と書いてある本やサイトが多いですが、育ててみて、あまり横には大きくならなかったという記憶のある品種は18センチ鉢に2,3個入れてもいいと思います。


e0253932_15235182.jpg


▲これは嵯峨菊の例なんですが…
品種によっては、親株の途中から、新芽が、茎にくっついてワラワラと出てきてしまう場合があります。こういう場合は古株をできるだけ除去してしまい、新しい新芽の生え際をできるだけ土に埋められるように調整してみます。地植えにする場合は深く穴を掘ればいいし、鉢植えにする場合は、根は多少ならカットしてもいいです。菊は強いので、いくらでも再生してくれます……。ちなみに土に埋めた場合、茎だった部分も根に変わるようです。そういう性質があるので、挿し芽の成功確率が高いと言われています。


さて、どういうタイプにせよ、菊の冬至芽=来年用の芽…なのですが、株の気分次第でどこに生えてくるかわからないことがわかっていただけたと思います。

e0253932_1582491.jpg


▲ こういう風に、さらにわかりにくーい生え方をしてきてる場合があります。

これは株の根元と合体してしまったタイプの生え方です。
見分け方は茎の色。茶色ではない、まだ木質化していないのが冬至芽です。
古い木質化した茎の部分を注意深く切ってしまいましょう。

古い株があると、冬至芽の成長にも影響してきますし、一番やばいのは、古い株は病気になりやすいこと。冬至芽の健康もあやしくなるので、花が終わり、冬至芽がある程度以上の大きさにしげっている場合は、早くカットしてしまいましょう!

e0253932_1582923.jpg


▲ カット例です。

ほかにも、よい状態じゃない株をなんとか復活させるための力業があるんですが、また時期をみてお話をしますね。
# by horiehiroki | 2017-02-22 15:15 | 園芸・家事 | Comments(0)