アートフェア東京(2)

e0253932_1503715.jpg


そして永山裕子さんの水彩画。

メインはパールで全身を包まれた女性の肖像画など、パールを描き混んだ作品群なんですが・・・・・すごいですよね。

永山さんともお話できたんですが、あえて、水彩画ではやらないことをやったとおっしゃってました

あと中央の赤い絵。水彩独自の発色の良さをフルに生かした作品だと思います。遠くからみると、一見、岩絵の具か??と思うほどだった。

e0253932_150387.jpg


こちらも同じ永山さんの作品。
庭の花です。水彩画といえば水彩画らしいテーマを持つ絵ですが、色と色の重なり合いが非常に美しいと感じました。あと連作なので、うつろいゆく時間の感覚があらわれてきます。

紙の白に影を描きこんで、それで白い花弁の多い花を表現しているところなどは、まるで魔法を見てるよう。

永山さんは先日亡くなられた林光さんの楽譜の表紙も描いておられたとのことです。色と色との重なり合いがうむハーモニーは音楽にも通じますよね・・・てきなお話もできてよかったです。

e0253932_155546.jpg


そしてこちら。
イラストレーションって雑誌で宇野亜喜良さんと対談されてるのを見て、あっ、と思い、新宿紀伊國屋での個展を見にいこうと考えたけど、行けなかった(w)、方の作品。
作家さんにも会えましたが、想像以上に若かった。

学生時代にバロック時代のオランダやスペインなどでよく描かれていた「ヴァニタス」「メメント・モリ」というテーマに出会い、現代の日本でドクロと花などをモチーフにした細密な作品を多く創られています。

ドクロは自分自身でもある、とのこと。

それを聞いておもったのが、ヘルムート・ニュートンの撮ったある意味究極のヌードのことです。ブルガリ風のおおぶりのネックレスをモデルにつけさせて、レントゲン室に入れて、骨を撮った作品ありましたよね。

あの話をすると、この作品もある意味、精神のヌードなのかも・・・てきなことを仰っててなるほどなるほどと思いました。
あと花は、たんにバロック時代のヴァニタス画のように、はかなさの象徴というより、人は死んでも(=ドクロ)、花は残り咲き続ける、世界は在る・・・というふうなイメージも込められてるんだそうです。

あと今回はニスを工夫して、七宝焼きみたいに見えるようにしてあるとか。写真みると、光を反映してまるでガラスみたいに写ってますね。

・・・こちら、チラシいただくの忘れてしまって、また後日、画廊さんと御名前をチェックしてまいります・・・。

e0253932_253781.jpg


ほかにもこんなインスタレーションが。

面白い空間です、アートフェア東京。
by horiehiroki | 2012-03-30 02:06 | 展覧会