平清盛(14)~オーディションIN御所


_____________

◇◇◇堀江宏樹の新刊もよろしくおねがいしまーす◇◇◇

e0253932_0453714.jpg


百人一首 うたもゑ

(日本じゃ)世界三大美人なんていわれてる小野小町。でもずっとモテる、恋をし続けるということは、あるいみ「たったひとりの誰か」に出逢えてないってことなんです。平安時代、百人一首に収められた歌人たちの歌をベースに展開する、絵空事ではないリアルにして美麗な恋愛絵巻まんがですー。

藩擬人化まんが 葵学園


大河ドラマでもそうですけど、江戸時代はなぜ「ああいう社会」なのか? なんで現在でも県民性は「ああいう風」に存在してるのか? …みたいなことが漫画+文でザックリと理解できます☆

______________
今回の清盛、アメリカンアイドルというか、オーディションみたいな感じでした

勝ったヒト↓

e0253932_3581353.jpg


負けたヒト↓

e0253932_3581326.jpg


上皇さまーーーーー!!!

タイトルは「後白河帝誕生」でしたけれど、
今回は崇徳さまことアラタさまのリアクションで
ドラマが盛り上がってた気がします



e0253932_358855.jpg


いきなり歌い出す上皇様

「身を捨つる~~~~ 人は~~まことに~~ 捨つるかは~~~~ 」

奇矯といえば奇矯なキャラなんだけれど、
アラタさんだけが持ってる
ものすごい集中力の演技、これがあってこそ、
崇徳さまの激しさと同時に切なさ、哀しさ、美しさが
見えてくると思うんですよね。

しかしココでも崇徳さまは裏切られます。


この御方に。


e0253932_3581268.jpg


e0253932_3581158.jpg


鳥羽さんが、崇徳さんに同情的になったかどうか、
それは分かりません。

しかし、近衛帝が崩御されるという異常事態の中でこそ
あのような改心を持つということは(ドラマとして)
すごくよく分かるんですね。

失われたものを、取り戻したいとおもう気持ち

(ドラマに描かれた)タマコさんもそうでしたけれど。

鳥羽さんと彼女はすごく似ている。だからこそ分かり合えないことも多かったでしょうね。


あの時、鳥羽さんが崇徳さんに謝罪したら
歴史は変わっていたでしょうか。

実際、次の帝をダレにするか、これはとても遺恨を遺す問題なので
自分で決めることを放棄し、他人に決定をなげてしまった帝がおられます。
鎌倉時代の方ですが、後嵯峨さんですね。
彼の息子である後深草さん、亀山さんの血統の両方から
次の帝を出すように、ということを決めたのは、丸投げされた幕府、北条家です。
しかし、ここからいわゆる南北朝時代が始まり、日本はまっぷたつに。そして朝廷も昏迷してくのです。

さて 

今回は振るった演技を見せてくれたのはアラタさんだけでなく、
この人もそうでしたね。

キャー(とさけんで超高速フレイムアウト

e0253932_35810100.jpg



カメラがついていけない早さで動いて失神するナリコ様


e0253932_358112.jpg



「ナリコぉぉぉぉ」 っていう鳥羽さんの王道のリアクションも凄かったな(w

王道のリアクションといえば、伝説の今様うたい・乙前として、
祇園の女御だったセイコさんが復活出演を見せたことですねー。

e0253932_3581096.jpg



同一人物であるかどうかは、そもそもよくわかりません、てか
ドラマ上のフィクションとして考えてください!
しかし面白い設定。
メッシュみたいな感じになってましたが、
年齢を感じさせるメイク・・・
聖子さん、アスタリスクのCM、大丈夫なんでしょうか。


e0253932_358932.jpg


「聖徳太子にならいます」(いちおう妻もいました。死にましたけど



e0253932_358912.jpg


「やれやれ」


この二人の関係も決裂いたしますよ

まとめると、松田翔太のヤバい歌声が鳴り響きつづけた
今回でしたが、

「生まれること自体が博打じゃ」

「しかし生まれなければ博打自体を打てない」

「そんなの面白くない!!」

という内面の変容・・・

なんだかんだいって
「オーディション」に選ばれる人間だけの強さを
秘めておいででございました。
by horiehiroki | 2012-05-08 04:16 | 大河ドラマ