菊の開花

e0253932_716338.jpg

e0253932_7162660.jpg


色々ある菊にいっせいにツボミが付き始めたのは10月はじめ。
なんと完全に花開くまで、1ヶ月以上かかった計算になります。
小学生のころ、菊を育てていたのですが、こんなんだったかな・・・。
とにかく今年は剪定がうまくいかず、巨大化する一方だったんですが
そのぶん蕾はビッシリとついて、一気に花咲いてくれました

昨年はあまり園芸にタッチしてなかったんで
記憶が曖昧なのですが。
約4種類あった菊のうち、全種類が1株ずつ生き残ったと
思ってたのに今年はエンジ色(写真では真っ赤に見えてるけど)の菊が二株、
ピンクは消失していました。
残念。
でも面白いのはまったく同じ株のはずなのに、二株あるエンジの紅さが違うんですよ。
不思議・・・

クロッカスやムスカリ、水仙なども何種類か植えたんですが、
ようやく芽吹き始めてるので嬉しい限りです。
これも植えてから芽が出るまで1ヶ月もかかるとはビックリ・・・。
ちなみに毎年恒例のヒヤシンスの水栽培では、黄色の成績が
あまりよろしくなく、急遽、土植えに変更したりしてます。

沙羅双樹も紅葉をはじめ、赤くなっていて美しいです。
来夏はいっぱい花開くといいなぁ。

とかいいつつ、今年はひとつも花開くことがなかった
琉球朝顔はいまだにアオアオと茂ってるし、ヒョロヒョロと蔓を伸ばして元気です。
玄関脇に、アイビーとかツタの変わりの観葉植物と化してますね。
枯れる気配0。
このまま三階のものおき兼サンルームみたいな所に置いておくつもりです。

しかし、この寒さはなんなんだろう、と。

季節もまだ十分に紅葉する前にこの寒さで、どーなることか。
いちはやく紅茶にショウガのエキスを抽出したのを混ぜて飲んだりしています。

それで昨日、イースト・プレスのMさんと打ち合わせだったんですが
新刊の方向性がきまってきました。

以前出版した「あたらしい源氏物語の教科書」、地味ですが着々と
売れてるらしくて有りがたいとおもいました。
今でも時々、タイトルで検索してこのブログに来て下さる方がおられますよね。
by horiehiroki | 2013-11-14 10:14 | 日々