都内西部から、スペーシアで日光に行く場合

真田丸にツメを噛む徳川さんが出てきたからか、日光関連記事にアクセスが来てるようです。
日光は関東の誇る文化遺産ですから、行くまでにもうイヤだ!となってもらいたくないです。
そのためには確実に知っておくべきことがあるのであらたに記事を書いておきます。

日光に行くには「東武の株主優待チケットを使うのが一番!」という記事がたくさん出ていますが、それは場合によります。都内東部、たとえば浅草などから東武急行で日光を目指す場合「のみ」、お得です

浅草がとおい都内西部から日光を目指す場合、JRの駅(新宿・池袋など)から、JRの線路をつかって、本来は東武の電車であるスペーシアの類に乗ること「は」できるんですね。

しかし……都内西部のJR駅から一番安く、なおかつラクに行けるのは、東武の株主優待チケットではありません!

絶対にチケ屋などで買わないようにしてください。理由は後でいいます。

買うべきはJRの緑の窓口などで販売している「JR・東武 日光・鬼怒川往復きっぷ」(2015年時の名称)です。

絶対にこれを守ってください。

■買ってはいけない理由

JR駅周辺のチケ屋がネットの情報を鵜呑みにしてくる客をカモにするため、
けっこうな値段に株主優待券をつりあげてました。オンシーズン中は1枚1000円などで売っていて、
品薄で~ とか言いますが、とんでもないボッタクリ価格です。逆に損するくらいです。
価格でトクした!!と思いたいのならば、だいたい500円くらいで買わないとお得感はないと思います。
高くても700円程度。

しかしさらに買ってはいけない理由がありました。
重要なことですが、JRの駅員がまったく対応できてませんでした。

聞いたらややこしいみたいなんですけどね。
確かに日光まで直通にはなってて
JRの線路で○○駅まではいくんだけど、そこから東武の線路に切りかわるから
車掌その他スタッフ全員入れ替えになってうんぬんかんぬん。

東武の線路では株主優待チケは使えるんだけど、
起点がJRの駅だから、JRの改札を使ってホームにいかねばならない。
その改札が、東武の改札みたいに優待チケに対応してないんですって。
こういう時のために緑の窓口があると思うでしょ。
でもここでも驚愕させられたけど
ある人に聞いたら大丈夫、でも違う時にまた違う人に念のためにきいたら
「ダメです! 東武にきいてください!
東武の電車なんで!ウチは関係ないんで一切しらべませんし!」と突っぱねられる…という具合で、
めちゃくちゃでした。
それも役付きの人間が知らない、それどころか調べようともせずに全面拒否するという恐るべき対応をしました。
知識がないこともあるでしょうが(それでも客を乗せるのが仕事の人間がなんで対応してないのかって話だとおもうんですけどね)、客のために調べようとしないというのは凄かったなぁ。

運営が決めたことに、現場が対応しきれてないという、サービス乱立でスタッフが混乱しまくってるケータイショップみたいな状態でした。ほら、叔父が亡くなったのでケータイを解約しようとしたら「ご本人様以外はご解約できません!」って堂々と突っぱねられたっていう話と同類の狂気を感じました。

以上の理由で

サービスとして完全に破綻しているので間違えても都内西部のJR駅から
スペーシアなどで日光をめざす際、東武の株主優待チケットは(たとえあなたが株主であろうが使わないようにしてくださいね。

JR駅から「どうしても株主チケをつかいたいのだ!」という方は下手したら、
目的の電車に乗れないまま、1日に四便しかない電車がいってしまう場合あるだろうなーって
いうくらいにとんちんかんな対応もされることを覚悟してください。まったくオススメできませんが。


by horiehiroki | 2016-01-11 03:20 | 歴史・文化