人気ブログランキング |

傀儡に非ず

面白いらしい、という評判で読みました。
上田 秀人氏の『傀儡に非ず』。

傀儡に非ず_e0253932_594939.jpg



主人公は「あの」荒木村重で、彼の青春時代から晩年までをテンポよく描きます。(この著者の作品、ほかに読んだことなかったのですが、著作リストなどを一見したところ、さまざまな時代小説のシリーズをお持ちのようです。本作は他作品とは異なる作風なのかもしれません)

信長にとつぜん謀反、家族を皆殺しにされたのちも
逃げ延びて自分だけ生き続けた荒木村重(武士を捨て、茶人として生きた……というだけでなく、しつこく政治に接近したり、でも自分をはずかしめるべく「道糞」などと名乗ったり)というこの不思議な人物についてはある程度、その時代の歴史が好きなヒトならば知ってると思います。
また、荒木村重による「黒田官兵衛監禁事件」などは有名すぎるほどです。

……が、荒木家の来歴とか、「三好三人衆」との確執!……などといった部分についてはあまり知られてない気がします。歴史って今回の大河の信繁さんにしても、大阪の陣での活躍以外の側面は、一般的にはほぼ知られてなかったり、有名人でも生涯の全ての部分が有名というわけではないのが普通なんですよねー。

ところがそういう「マイナーな部分」を、いかに面白く読んでもらうか。本を閉じさせないか(あるいは途中でチャンネルを切らせないか)の努力が作り手には必要となる場合があります。それをめちゃくちゃうまいことこなしてるのが、本作じゃないかなぁ……とおもいました。

この作品、歴史を扱った小説としては異例なくらいに描写がありません。
それゆえ、ものすごくスピーディーです。かといって史実だけをツラツラと書いて、あらすじの間に適当なセリフが補われているのでもないんです。たとえば、この独特のタイトル(傀儡=くぐつ、操り人形)の意味がわかってくるラストの部分。大胆な推理で構築された歴史ドラマになっています。

本作の特色としては、省きに省き抜かれることですごいリズム感のある歴史のうねりが描かれていることですねぇ。

大河ドラマでの村重は、追い詰められて狂気に駆り立てられていく村重の内面が、俳優さんの顔面のアップで描かれたりしていました。そういう部分を(そういう設定ではない、というのもあるけど)本作ではパッーと省いてしまっています。意図して省きに省いて、「え、こんな残りページ少ないのに、村重と信長の反目がいまだにでてこない!」っておもいつつ、「こんな少ないページで、ちゃんと劇的な最期を描けるもんなんだ」とビックリさせられるハズ……です。

歴史を扱った小説といえば、心理や時代背景、人物関係、血縁関係、彼らの装束、天候、その他もろもろまで描き込まれる作品が多い(だろう)中、この方の斬新なスタイル、好き、嫌いあるでしょうが、自分はビックリしつつもグイグイと読まされました。
描写の存在自体を極端に嫌う読者も最近増えてきました。
ドラマの核心にはやくふれたい、そのくせ、あらすじみたいなのはいやだ、とか、中々に最近の読者はせっかちです。

でもこの作品のスタイルならば、ウソはいわず、推測も交えず、サラーっと流しても不自然ではないのです(たとえば黒田官兵衛を荒木村重が監禁した、という事実についても、それは城の外の牢だった(いや、座敷牢だった)とか「異説」があります。そこらへんもキレーイに隠せていましたしね。)。読んでいるとき、目の動くスピードも早まるでしょう。


なかなか興味深く拝読いたしました。
by horiehiroki | 2016-08-02 12:45 | 読書