人気ブログランキング |

ぐみ

ぐみ_e0253932_08234247.jpg

挿し芽から育てた「ぐみ」が今年、はじめて花を咲かせ、実をならせました。
ぐみは苦味・渋みがあるという人もいますが、
真っ赤になるまで枝で熟させて、シワが出てくるまで放置してから
食べると、まるでジャムみたいに甘いようです。
ちなみに上の写真の中でもっとも甘かったのは
シワシワの小さいやつです。
見かけによりません…。


# by horiehiroki | 2018-05-15 08:23

ときめく源氏物語

ときめく源氏物語が2018/3/2、発売です。
三笠書房。

表紙だけでなく、本の中の絵はもちろん
本のデザインがきれいです  
源氏物語は日本のお姫様たちの恋の教科書でした。
長いので読みきれていない人も多かったけど、この本ではヒロイン別の解説でキャラと物語の流れがスラッとわかります。
あなたのお手元にも一冊!

ときめく源氏物語_e0253932_22501389.jpg

# by horiehiroki | 2018-04-20 22:52 | お知らせ

桜が散って

桜が散って_e0253932_05104057.jpg
桜が散って_e0253932_05103924.jpg

春の花が咲き始めました

上はヤマブキの初花。
下はグミの花です。
グミはダイオウグミとナツグミの2本があり、両方ともに今年はじめて咲きました。
どちらも挿し木して四年目くらいです。
グミの花は、ツツジのようなあまい香りがするので少し驚きました。
とくにダイオウグミの場合、人工授粉させるのが確実らしいので、釣り鐘状の花の中をナツグミの花粉をつけた細い棒で
軽く刺激してみたところ、いくつかは実が付いた・・・・・・ようです。
無事に大きくなってくれるとよいのですが。


# by horiehiroki | 2018-04-05 10:10 | 園芸・家事

啓翁桜とクレマチスの新芽_e0253932_19155511.jpg
家の啓翁桜が咲きはじめました。
買った直後、とつぜん枯死しそうになったので
植え替えたり、萎れてきた上部を切断したりしました。

この桜も自分の気持ちにこたえて
持ち直してくれたという思い出の一株です

これでも花数は増えたほうです 笑
チラホラとしか花が付いてないように見えるのは、
古い枝が少ないからですね…
最低2年くらいたった枝にしか花芽が付かないようです。

上部を切って高さを抑え、横に広がらせたほうが
桜は長生きしてくれるそうです。

啓翁桜とクレマチスの新芽_e0253932_19201805.jpg

こちらは散髪ずみのクレマチスです。お手入れの必要な部類に入るかなぁ…。
花が新枝咲き、旧枝咲き、新旧両枝咲きと種類によって異なるのが剪定のコツ
しかしホムペによって分類が違うというのもミソ…
というけっこう面倒くさい花です 笑
↑はたぶんダッチェスオブエジンバラ ↓はジョゼフィーヌという品種で、それぞれ
ウチに来て数年です。初年度は(とくにジョゼフィーヌは)花後にバッサリ切って調子悪い→翌年の花が少ない
という失態を経験したので剪定はできるだけ少なく。芽吹きがしっかりしてから、古い枝や枯れた葉を落とすように
してみました。見た目はサッパリしたので今後、上手く成長してくれるといいなぁ…




啓翁桜とクレマチスの新芽_e0253932_19202258.jpg
(参考) ダッチェスオブエジンバラの花
啓翁桜とクレマチスの新芽_e0253932_19300982.jpg


# by horiehiroki | 2018-03-10 19:24 | 園芸・家事

堀江宏樹の葬儀文化史 presented by 雅倶楽部 まとめ_e0253932_02131694.jpg


告別式のマストアイテム「祭壇」の登場 <はじまりは通販カタログだった!?> ← NEW (0307


「告別式」って日本の伝統? 〜葬儀社の成立と告別式の誕生

鳩を飛ばすために葬儀社が生まれた?!明治維新が変えた葬儀の常識

葬儀は一世一代の見栄?キリスト教からはじまった葬儀のステイタスシンボル化

火葬?それとも土葬?…場所と慣習でかわる江戸時代の埋葬方法

葬儀のプロが生まれた理由は、高度な焼却技術が必要とされた「火葬」にアリ?!

火葬は富の象徴だった?!時代の価値観で変わる葬儀式

【輪廻転生】仏教では死後のカラダはただの入れ物扱いだった?!葬儀・納骨の概念ができるまで。

時代も変われば葬儀も変わる!遺跡から見る石器時代の葬儀スタイル


# by horiehiroki | 2018-03-04 02:13 | お知らせ